« The Yardbirds | トップページ | Rick Derringer »

2007年1月 3日 (水)

Pat Travers

パット・トラーバースでぇーす!え?誰?って人が多そうなので、マイ・フェイバリットのカテゴリーにしましたが、知る人ぞ知るギタリストなのであります。
初めて耳にしたのは高校生の時で、パット・トラバース・バンドのライブ、というやつなのですが、これが猛烈にカッコ良かった!ブルース系のギタリスト、として認識される方もいるかもしれませんが、この頃はバリバリハードロック!しかも、リズムは16ビートバリバリ刻みのファンキー&変拍子、そこへ来てフェイザー、フランジャー、ディレイなどの空間モジュレーションたっぷりのオーバーエフェクトなギターが絡むという、難易度ウルトラCな楽曲。
それもそのはず、そのライブでのドラムは無名時代のトミー・アルドリッチ。もう一人のギターは後にグレンヒューズと共に「ヒューズ&スロール」(勘違いな化粧が不気味でしたが…)を結成する、パット・スロールなんであります(この人のギターソロもバカテクよ!)。
とにかくみんなに知って欲しいと思って探していたら、ありました!動画が!前述のバンドではありませんが、十分カッコイイです。ぜひご堪能下さい!

「Hooked On Music」(1976)


↓これが私が感動したライブです。騙されたと思って聞いてみてください!とにかく最高!

|

« The Yardbirds | トップページ | Rick Derringer »

コメント

いやいやパットラ(たぶん通はこう言うはず?)が動いてるじゃないですか!!こりゃ感動もんですよ!!この年になってもカッコイイものはカッコイイって言いたいですな。

投稿: としくん | 2007年1月19日 (金) 21時39分

としくん様
コメントありがとうございます!
パットラ!確かにそんな風に呼んでたかも(笑)。
ツボにはまっていただけましたか?
これからもカッコイイ動画を探して行きますよー!

投稿: ふみにゃん | 2007年1月22日 (月) 03時29分

渋いですね!パットラ!
当時は未体験のまま歳月が経ち、実際聴いたのはここが初めてです。
カナディアン・ロックが好きな友人が当時ハマってたので名前だけは聞いてました。今聞かせて頂いてつくづくこの頃のロックは良かったなぁと・・・最近こういう音楽聴かせてくれる人少なくなりましたねぇ?
いや~ホント良い物見せて頂いてありがとうございました。
ここを観てついでに他も探したらありましたよw
最近の物みたいなんですがギターの音は変わってませんでしたねw

投稿: g | 2008年3月14日 (金) 21時24分

>G さん

いつもありがとうございます!
喜んでいただけてありがたいです(笑)。
私的にはもうパットラはこの頃のハードロックギターの集大成、みたいな感じで、本当に好きでした。
現在もバリバリのようですが、ぜひ、この頃のライブ盤聞いてみて下さい!Gさんでしたらきっと気に入っていただけると確信いたします!
今後も隅々までご覧になってくださいませ。
ではでは。

投稿: ふみにゃん | 2008年3月15日 (土) 01時40分

はじめまして。
このライブでベースを担当していたミュージシャンはなんという人ですか?
おしえてくださーい。

投稿: ミッドナイトブルーの店長 | 2008年5月10日 (土) 23時20分

>ミッドナイトブルーの店長 様

はじめまして!コメントありがとうございます!
えーっと、この頃の私のコメント、今読み返してみますと大分言葉足らずですね…(爆)。失礼いたしました。

この映像、まだデビュー間もない頃でありまして、ドイツのTVショー、ロックパラストに出演した時のものであります。
ベーシストはデビュー時からパット・トラヴァース・バンドのメンバーでありました、ピーター「マース」カウリング です。

この人、聞いての通り、さらっとバカテクでありまして(笑)、このバンドのファンキーなグルーブに大きく寄与していると思います。

ちなみにここでのドラムは、現アイアンメイデンのドラム、ニコ・マクブレイン!

本文中に登場するパット・スロールとトミー・アルドリッチが加入するのは78年の事であります。
ピーター・カウリングは83年頃まで在籍。89年から93年にも復帰していたようです。

これからもよろしくお願いします!

投稿: ふみにゃん | 2008年5月11日 (日) 01時05分

パット・トラヴァースでいろいろ探っていたらここを発見。
管理人様、いきなりお邪魔します。私、ラジオDJをしておりまして、
無類のハードロック、メタル好きなのです。
パット・トラヴァースは忘れがたき想い出のバンドです。
92年当時、シカゴに留学してましてルームメイトにいきなり
拉致されライブハウスへ直行。彼が大好きだというのがパットラで、
初めて彼らの姿を最前列で見て大興奮しました。
Snortin' Whiskeyに始まり、Life In Londonとたたみかけ、Stevieで泣かされ、
Heat In The Streetで心はわしづかみにされました。
トミー・アルドリッジやパット・スロールが在籍していたこと、
時代は代わってエクストリームのGet The Funk Outにコーラス参加など、
エネルギーが切れそうになるとパット・トラヴァースの名曲で癒されています。
今、担当しているエフエム局でもかけたいのですが、マニア過ぎてかける
タイミングがなかなかありません。
でも、こうして管理人様をはじめ、何人かパット・トラヴァースをご存じの
音楽ファンを確認できて、今日は超ハッピーです。
いつか日本で見たいですね。

投稿: DJモーリー | 2009年12月28日 (月) 22時06分

>DJモーリー 様

はじめまして!コメントありがとうございます!

なななんと!ラジオDJの方に当ブログをご覧になっていただけるとは、大変光栄です。
しかも生でパットラをご覧になった事があるとは!!なんと羨ましい(爆)!!

とにかく、なかなか取り上げられる事のなくなってしまったパットですが、もっともっと評価されても良いですよね。

DJモーリーさんの担当なさっているエフエムは私の地区でも聴く事ができるのでしょうか?
もしそうでしたら速攻リクエストするんですが…。
でなかったら、そういう番組を作っちゃう、とか(爆)!!

またのコメントをお待ちいたしております。
今後ともよろしくお願いします!

投稿: ふみにゃん | 2009年12月30日 (水) 03時06分

管理人様、返信いただき感謝です。
私が担当する番組はFM FUJIの「GOOD DAY」月曜日、火曜日です。
これで私の名前がバレバレですね(笑)。
東京であれば78.6Mhzで聞けます。関東一円で聞けるので、
管理人様の元にも電波が届けばいいのですが・・・・
ただリクエストをいただいても局にCDがないので、私が持ち込まなければなりません。
従って、いただいたとしてもオンエアーするのは翌週になってしまうかも。

今年もよろしくお願いします。

投稿: DJモーリー | 2010年1月 4日 (月) 07時21分

DJモーリー 様

ご丁寧なお返事ありがとうございました!
ご担当の番組、Webにてチェックさせていただきました。第一線でご活躍の方からのコメントでもうびっくりです!
FM FUJIはさすがに私の地区では厳しいですが、当ブログにお出でくださる静岡組の方々なら聴けそうですね! 静岡組の皆様(爆)、よろしくお願いします。

それで、私がピピッと来たのが、DJモーリーさん御担当のOTTAVA con brioであります!
こちらのオン・デマンドにて番組も聞かせていただきました。
実はあまり大きな声では言えないのですが(笑)、こう見えて私、ピアノに関わる業界におるものですから、素晴らしいクラシックプログラムに感動いたしました。
こちらはネットで聴けそうです。

まあもっぱら普段はロックオヤジでありますが(爆)、DJモーリーさんの幅広い音楽に対する造詣の深さに感動しきりであります。

今後ともよろしくお願いいたします!


投稿: ふみにゃん | 2010年1月 4日 (月) 21時04分

静岡組mods班ピアノ整音グループです!w
でも.....聴けません......静岡県東部が可聴エリアだそうで。。。。
富士山はギリ見えるのですが。w

投稿: ココロ・ナイローラー | 2010年1月 5日 (火) 01時47分

>ココロ・ナイローラー さん

早速の反応、ありがとうございます!
そうですかぁ、静岡西部は厳しいのですね…。オンデマンド希望、と言ったところでしょうかねぇ。

今年もいろいろヨロシクです。

投稿: ふみにゃん | 2010年1月 5日 (火) 09時26分

管理人様、その他お仲間の皆さま(笑)、
今、放送を終えたばかりの森雄一です。
こちらのサイトをチェックするクセができてしまったかも。
OTTAVAを発見しましたね。私は週1の担当ですが、
個人的にはもっとやりたいくらい、大好きな放送局です。
3年前の開局と同時にクラシックを聴き(→ここポイント)、
去年4月からリクエスト番組担当。リスナーにも鍛えられながら
番組を楽しんでいます。

管理人様の興味のある放送局のようで嬉しい限りです。
暇なときはクリックだけでもしてください。成績上がりますので(笑)。
あっ、クラシックだけですからね。ロック・クラシックはかかりません。

投稿: DJモーリー | 2010年1月 5日 (火) 16時54分

DJモーリー 様

お忙しい中、早速のお返事をありがとうございました!
クラシック歴3年でリクエスト番組のご担当!! まさににプロフェッショナル!
本当に素晴らしいですね。

私のブログは定期的な更新がままならないもので(爆)、あえて時事ネタ的時間軸を切り離した内容にしてあります。
逆にどこからご覧いただいても良いので、色々ご覧になって見てください。

広く浅くの知識なため、案外私自身も手探りで書いている部分も多いですから、DJモーリーさんのようなお詳しい方に思い入れや詳しい情報などコメントしていただいて、私のつたない文章を補完してくださると助かります…。
また記事内の間違い、リンク切れなどのご指摘など、お気づきの点がありましたら、どうぞご指摘をお願いいたします。

そうそう、このパット・トラヴァースもそうですが、ブログを始めた頃の記事は文章も適当に書いてある物が多いのでお恥ずかしいです…。
徐々に書き直したいと考えてます。
でもいつになるやら…(爆)。

OTTAVAもまた聞かせていただきますね!
私もまたさらに勉強して行きたいです。

それでは。


投稿: ふみにゃん | 2010年1月 6日 (水) 00時56分

はじめまして!よっし~です。ここのところ、古いアルバムのデジタル化を進めており、発表年の確認をしようとウェブを眺めていてこちらを拝見し、遅まきながら書き込みをさせて頂きました。私も3枚目のアルバム、Putting It Straight発表の時からのファンで、Hooked On Musicを含んだ2枚目のMakin' Magicは今でも一番のお気に入りです!このころの動画は初めて見たのですが、エネルギッシュですねぇ。実は、多分10年以上前に来日していて、私は旧赤坂ブリッツで観たのですが、リハ後にふらっとハコから出てきて街に繰り出していったので帰ってきたところでしっかりサインもらっちゃいました。かなりフレンドリーな方でしばしお話もできました。帰ってから写メ撮れば良かったと後悔してます。今は亡きGOTTHARDのSteve Leeと共に実際に話のできた数少ないミュージシャンの一人です。これからもずっと聴き続けていこうと思っています!

投稿: よっし~ | 2013年1月 6日 (日) 22時59分

>よっし~ さん

コメントありがとうございます!そして超激遅レスにご容赦願います…。
やはりMaikin'Magicは名盤ですよね!
来日をご覧になってお話までしちゃってるなんてうらやましすぎます!!
貴重なお話ありがとうございました!
またのコメント、お待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2013年5月 5日 (日) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/4774841

この記事へのトラックバック一覧です: Pat Travers:

« The Yardbirds | トップページ | Rick Derringer »