« Pat Travers | トップページ | Badfinger »

2007年1月 3日 (水)

Rick Derringer

リック・デリンジャーであります。我がアイドルなのであります。
という訳でカテゴリーはマイフェイバリットということになります。リックといえば、ジョニー・ウインター・アンドからエドガー・ウインター・グループ、ソロにバンド、「デリンジャー」、カーマインアピスとのセッションなど、若い時からアメリカンロックの生き字引として活動してきたギタリスト。
日本での知名度はあまり高いとは思いませんが、かつて、うじきつよし率いる「子供ばんど」のプロデュースが有名でしょうか。
なかでも私がツボなのが、バンド「デリンジャー」時代。デニムのスーツに赤いバンダナ。ブロンドを振り乱しながらトリッキーなフレーズを繰り出し、熱いシャウトでロックンロールする姿は本当にカッコよかった!楽曲はどれも最高なのだけれど、なんと言っても一番有名なのがこの曲、「ロックンロール・フーチークー」でしょう。
本人も相当にお気に入りらしく、ジョニー・ウインターとの時代からもう何十回も同じアレンジでリリースしまっくております(言い過ぎか?)。
私も色々なアーティストを見てきましたが、これほどまでに一曲に固執しているアーティストも珍しい。確かに何回聞いても新鮮な楽曲ではありますね。
CDそのものもかなり廃盤になっており、当然動画もあまりありません。比較的多いのは最近のものですが、これがさすがに悲しくなるほど変わり果てた姿ばかり…(笑)。
今回ご紹介するこちらの動画はエドガー・ウインターのバンドでゲスト演奏した73年のもので、この姿が比較的私のイメージに近い感じと言えましょう。
思いっきり日本語でテロップが入ってますが、そこは見逃してください(笑)。それではごゆっくりドーゾ!


「Rock & Roll, Hoochie Koo」(1973)


↓これが究極のライブだ!このライブでの「フーチークー」から「ユー・リアリー・ガット・ミー」への流れは最高の聞き所!ぜひ一聴を!

|

« Pat Travers | トップページ | Badfinger »

コメント

「ロックンロール・フーチークー」は名曲ですな!自分もバンドで時々やっております。で、買っちゃいまし「Derringer Live」さっき届きました。ヤバイっす。たぶんジャケで持ってるギターはB.C Richだと思われますな。カッコイイ

投稿: としくん | 2007年2月 3日 (土) 19時36分

としくんさんん、いつもコメントありがとうございます。そうですか!ゲットしましたか!(パチパチ)ジャケットはモッキンバードですね。確か。この頃リックはBCリッチのモニターかなんかだったんですよね。広告なんかにも登場してました。

投稿: ふみにゃん | 2007年2月 5日 (月) 17時22分

1年位前から、昔に買い集めたVHSの中から家宝認定したものをDVD化する作業を行っています。
シンディー・ローパーのライブ・イン・パリを家宝認定した際、当然リック・デリンジャーのプレイも久々に見た訳です。
その時、胸につかえていたものが取れました!すっきりしました!!
浜崎あゆみのバックでヨッチャンがギター弾いてましたよね(最近は知りませんが)。初めてアユの後ろでギター弾くヨッチャンを見た時から、どこかで同じような光景を見たけど思い出せない!すっきりせん!!とイライラしていたんですよ。
そうなんですよ。シンディーのバックのリック・デリンジャーだったんですよ。体型も似ているし!
あっ!アイドルなんですよね・・・ヨッチャンと一緒にして大変失礼しました(笑)。
しかし、ロックンロール・フーチークーは間違いなく70年代ロックの名曲の一つですね!かっこいいし、好きな曲のかなり上位です!!

投稿: Simon@KobeCity | 2009年2月23日 (月) 17時22分

>Simon@KobeCity さん

いつもコメントありがとうございます!
シンディー・ローパーのライブ・イン・パリ!何年頃でしょうか、いやぁ、気になります。
シンディー・ローパーといえば、バックでアルド・ノヴァがギターを弾いているところを見たことはあるんですが…。
(実はアルド・ノヴァ、ぜひ取り上げたいのですが、良い動画が見つからずに躊躇しております)
あゆのバックのよっちゃんね(笑)。健在ですよ!
ちなみに私は松田聖子のバックの原田真二に「萌え~」でした(爆)。
結構古くからそういう例はありますよね。
郷ひろみの後の三原綱木とかですね…、
すみません古すぎました(笑)

投稿: ふみにゃん | 2009年2月23日 (月) 20時58分

1986年にスタートした「トゥルー・カラーズ・ワールド・ツアー」のライブ・イン・パリです!
アメリカ赴任のおりCATVでライブが放映されていたのを見て買いました。
この頃、セルビデオは日本では1万円程度が相場だったかと思います。
アメリカでは$25前後、当時為替では3000円程度で購入できたので、ここぞとばかり多くのビデオを買いました。
このライブの中、メンバー紹介でヨッチャン、もといR・デリンジャーは一番大喝采を受けていましたよ!!

投稿: Simon@KobeCity | 2009年2月24日 (火) 08時35分

>Simon@KobeCity さん

コメントありがとうございます。
羨ましいかな、アメリカでの体験…。

えーっと…
見ました(笑)。スタインバーガーのギター弾いてますね…。
びっくりです。

でもリックはギターはもちろん、歌もいけるのでバッチリはまってましたね!

投稿: ふみにゃん | 2009年2月25日 (水) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/4785379

この記事へのトラックバック一覧です: Rick Derringer:

» Live Johnny Winter And/JOHNNY WINTER AND (ジョニー・ウインター・アンド) [OOH LA LA - my favorite songs]
Live Johnny Winter AndJohnny Winter Columbia 1989-10-05 [ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store - Johnny Winter  1969年に"100万ドルの... [続きを読む]

受信: 2007年2月22日 (木) 22時04分

« Pat Travers | トップページ | Badfinger »