« Frank Marino&Mahogany Rush | トップページ | Aerosmith »

2007年1月19日 (金)

The Who

The Who であります。まさに伝説、と呼ぶにふさわしいバンドでしょう。
中断はあるものの、結成40余年。ビートルズやストーンズとほぼ同等のキャリアを持ちながら、まだその偉大さが完全には浸透していないのでは?というのが私の意見であります。
ピートのジャンプや風車弾きのストローク。ロジャーのマイクぶん回しアクション。キースの破壊的なフィルイン。ジョンの超絶なベース。
全てがこれぞロック、と呼ばんばかりのカッコよさ!(私個人的には「Substitute」などのThe Whoのポップでキャッチーな部分も大好きでした。) 
また、最後にギターもドラムもステージセットごとぶっ壊す、という傍若無人ぶりがその後のパンクを含めたすべてのロックに多大な影響を与えたと言えましょう。
ピートが一時期難聴のためアコギしか弾けなかったりして心配しましたが(頭髪もイッちゃいましたし…)(爆)、最近はまた元気なようで安心しました。
動画はベタではありますが、67年のモンタレーでの「マイ・ジェネレーション」。
彼らのライブパフォーマンスが一番凝縮された動画を選んで見ました。
YouTubeには66年の演奏でモータウンのスタンダードをキースのボーカルでやっているものもありまして、これがまた圧倒的なビートとコーラスワークで度肝をぬかれました。イヤーさすが。近々改めてご紹介しましょう。

「My Generation」(1967)


↓名盤!ライブ・アット・リーズ。初めて聞いたとき観客の歓声がほとんど入ってなくてびっくりしたのを覚えてます。先日36年ぶりに同所でライブを行ったとか。まさにロックの歴史。

|

« Frank Marino&Mahogany Rush | トップページ | Aerosmith »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/4986816

この記事へのトラックバック一覧です: The Who:

« Frank Marino&Mahogany Rush | トップページ | Aerosmith »