« Derek & The Dominos | トップページ | Mott The Hoople »

2007年2月23日 (金)

Eagles

ウエストコーストロックづいてまいりました、当、伝ロック。いよいよイーグルスの登場です。
ご存知リンダ・ロンシュタットのバッグバンドから72年にデビュー。カントリーからハードなナンバーまで、その後の活躍は説明の必要は無いでしょう。
とにかく入れ替わり参加したメンバーも含めてみんな歌がうまい!当たり前ですが(笑)。
ソロになってからの各メンバーの活躍振りを見てもいかに凄いアーティストの集団だったかを物語ってますよね。
私的には再結成も含めてどの時期も大好きだという節操の無さ(笑)。
動画としては、やはり「ホテル・カリフォルニア」のライブ映像かと思いますが、もう見飽きちゃったよーという皆様に初期イーグルスの映像をチョイスしました。
とはいえ、結構これ、有名映像なのかな?荒削りな中にも、がっちりしたコーラスワークが光るこのバージョン、BBCライブとか。
バーニー・リードンのソロも意外やロック!してますね(笑)。
さわやかな曲調の割りに、4人が妙に不健康そうなのは気のせいか…(爆)。
最近私、カントリーを好きで良く聞くのですが、どうも多感な時期に聞いた、イーグルスをはじめとした、ウエストコーストサウンドが根っこにあるような気がします。
My心のふるさと(笑)。
では、どーぞ!

「Take It Easy」(1972)


↓ベタですが、ここはいわゆる全部入りを推薦します。

|

« Derek & The Dominos | トップページ | Mott The Hoople »

コメント

ひとつだけ、イーグルスに苦情を・・・(笑)

どんへんりーさん・・・ドラマーなのに
Building The Perfect Beast
で、ドラムが打ち込みって
どーゆーことですか。。。(笑)

フィルさんもソロアルバムでは
そーだったんだっけかな???

投稿: junnir | 2011年7月12日 (火) 05時02分

>junnir さん

例によって超遅コメント、ご容赦願います…
ドラマーの方ってそういうこだわりを待たない人っていますよね。
フィル・コリンズもそういう所ありますし。
ドラムの腕前は大分違いますが…(爆)。

投稿: ふみにゃん | 2011年8月21日 (日) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/5452858

この記事へのトラックバック一覧です: Eagles:

» イーグルス 6 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00769 イーグルスのアルバム『ホテル・カリフォルニア』 『洋楽初心者に薦めるアルバム表と裏「AtoZ」』 【E】(表) もはや古典的な風格も漂うイーグルスの世紀の大名作です。 『名盤ロックアルバム〜』と言う本があれば100%確実に載っている....... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 01時06分

« Derek & The Dominos | トップページ | Mott The Hoople »