« Randy Rhoads (Quiet Riot) | トップページ | Queen »

2007年2月15日 (木)

Jeff Beck Group

ジェフベックは以前BBAをご紹介しましたが、今回はジェフベックグループ(第二期)です。
ジェフの長いキャリアの中、71年から72年に渡って2枚のアルバムが残されておりますが、2枚目のラストを飾るインストナンバー「ディフィニトリー・メイビー」です。
一説によれば、この曲の存在がのちのインスト路線への鍵となった、とも言われているらしい。実は私、この曲、大好きでありまして、どのくらい好きかと言いますと、人生いい曲ベスト10があれば、確実にランクインするだろう、というぐらいであります(笑)。
このビデオ、以前一度だけCSで目にした事がありまして、探していたのですが、さすがYouTube、有りました!いやあ、素晴らしい!
まずジェフのギター。かつて雑誌で見ていた、ピックガードをカットしたストラトですよ!後半のハモりでは分身するギミックあり(笑)。
手首のスナップをきかせてシンバルを打つ、故コージー・パウエル。この頃から全く変わってなかったんですねぇ…ながーいモミアゲを除いてはーっ!(笑)
それからこの曲のキモはマックス・ミドルトンのローズ。レコードではエンディングで登場し、もっと聞きたいと思っているのに、あっという間にフェイドアウトしてしまうのですが、この動画ではたっぷり聞くことが出来ます。
それではじっくりお楽しみ下さい!

「Definitely Maybe」(1972)


↓通称オレンジアルバム。ブラックミュージックに影響された時期の名盤!

|

« Randy Rhoads (Quiet Riot) | トップページ | Queen »

コメント

LP2~3枚もってたような。りんごのと白いジャケットのと。当時、ギターの短いフレーズなら一番カッコよかった。

投稿: あかつき | 2009年5月 3日 (日) 14時28分

>あかつきさん 

コメントありがとうございます。
どんなに短いフレーズでもジェフとわかるのが凄い所ですよね!

投稿: ふみにゃん | 2009年5月 4日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/5345626

この記事へのトラックバック一覧です: Jeff Beck Group:

« Randy Rhoads (Quiet Riot) | トップページ | Queen »