« Rainbow | トップページ | Gary Moore »

2007年2月17日 (土)

The McCoys (Rick Derringer)

メジャーどころが続きましたので、そろそろマイナーどころを行ってみましょう(笑)。
マッコイズです!といってもなんの事やらわからない方がほとんどだと思われますので(笑)、ご説明致しますと、以前ご紹介しました我がアイドルギタリスト、リック・デリンジャーが60年代のデビュー時に在籍していたバンドなのです。まさかと思ってましたが、動画を発見!
私の記憶によれば、デビュー時はいわゆる「かわいこちゃん・バンド」。後半にはブルースっぽい感じでやっていたような気がしますが、これは間違いなく初期ですね(笑)!
「フィーバー」という曲なんですが、バンドの最大のヒット曲、「ハング・オン・スルーピー」とほぼ同じ曲調で、レゲエ調と言いますか、裏でカッティングが入るナンバー。(ハング~の動画もあったけど…そのうちご紹介します。)
さすがに若いですね!たぶんまだ16、17歳ぐらいですよ!リック。(この頃はリック・ゼリンガーと名乗っていた、という話もあります)モノクロの映像とあいまって、すかした感じがたまりません(笑)。
私が学生時代、マッコイズの音源を探していた頃は、中古市場でもほとんど流通しておらず、本当に入手困難でした。
行き着けの中古屋のお兄さんからは、「マッコイズ~?! お客さ~ん!熱あんじゃねーの?」などと言われる始末…(笑)。
貴重な映像、お楽しみ下さい。

「Fever」(196?)

↓オリジナル・アルバムは全く探せず(笑)。とりあえず、オムニバスアルバムでご紹介しておきます。

|

« Rainbow | トップページ | Gary Moore »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/5371565

この記事へのトラックバック一覧です: The McCoys (Rick Derringer):

« Rainbow | トップページ | Gary Moore »