« Uli Jon Roth | トップページ | SANTANA »

2007年3月 3日 (土)

Van Halen

いつ出るのか、と思っていた方も多いでしょう、ヴァン・ヘイレンの登場です。
78年デビュー。 それはそれは衝撃的でした。
元祖ギターヒーロー、エドワード・ヴァン・ヘイレン。
とにかくどうやって弾いてるのかわからない凄いフレーズ、惚れぼれするようなピッキングハーモニクス。もうギターマニアの間ではとにかく話題集中でしたねぇ。
彼が世間に広めたライトハンド奏法はその後のロックギターに革命的進化をもたらした、ということですね。
ヴァンヘイレン以前とヴァンヘイレン以後の歴史(笑)。
特に野村よっちゃん&ジャニーズ事務所に与えた影響なんか計り知れないですよ(笑)。
おかしかったのは当時のギター雑誌で、彼らのニューアルバムがリリースされるたび、新奏法○○!とか徹底解説○○奏法とかとにかくすぐに、競いあうように特集が組まれたって事ですかね。
次々とあみだして来るエディが凄いのですが。
変わり種奏法のイタチごっこに葛城哲哉(元TV)のライトあんよ奏法トドメを刺したかどうかは定かではありませんが(笑)、何年もそんな状態が続きましたから。

さーて動画ですが、やはり初期、 デビュー直後を狙うのですが、とにかくYouTubeにあまり無いんですよ。
伝ロックへの登場が遅かったのもその辺に理由があったのです。
とりあえず、79年「Van Halen Ⅱ」からこの曲、「Bottoms Up !」をお届けしましょう!
やっぱりこの時期が一番聞いててワクワクします。
その後ボーカルがサミー・ヘイガーに変わったりなどしながらも常に第一線で活躍を続ける彼ら。
闘病後のエディの短髪髭姿がC.W.ニコルみたいで(笑)不評だったのを除けば、おおむね安定していたのですが、ここへ来てメンバー間がゴタゴタしているようですね。
エディの息子がベースってどんなんでしょう。
時が流れたという事でしょうか。
それでは、初期のフレッシュな演奏をお楽しみ下さい!


「Bottoms Up !」(1979)


↓Van Halen Ⅱに収録。この頃が一番好きですね。


|

« Uli Jon Roth | トップページ | SANTANA »

コメント

はじめまして。
わたくしもこの頃のVAN HALENが大好きです。
今でもたまにレコードを聴いてます。

投稿: KENNY | 2007年3月 9日 (金) 22時20分

KENNY さん、はじめまして!
コメントありがとうございます!

>今でもたまにレコードを聴いてます。

レコード!やっぱりレコードですよね。
この伝ロック的にもレコードでリリースがあった頃までのアーティストが中心ですから。
これからもよろしくお願いします。

投稿: ふみにゃん | 2007年3月 9日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/5559290

この記事へのトラックバック一覧です: Van Halen:

» Van Halen/VAN HALEN (ヴァン・ヘイレン) [OOH LA LA - my favorite songs]
Van HalenVan Halen [ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  巷ではいたるところでディスコ・サウンドが流れ、SEX PISTOLS(セックス・ピストルズ)を始めとするイギリスから発生したパンク・ブームの波によりハード・ロック・シーンは衰退し、ロッ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 19時15分

» サミー・ヘイガー [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00757 サミー・ヘイガーのアルバム『マーチング・トゥ・マーズ』 “ヴァン・ヘイレン風味” 何せ本家があんな状態なので、“風味”だけでも味わいたくてこのアルバムを聴いてみました。 このアルバムはヴァン・ヘイレン脱退後に最初に出したアルバムです....... [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 18時39分

« Uli Jon Roth | トップページ | SANTANA »