« The Babys | トップページ | Jackson Browne »

2007年4月14日 (土)

Fleetwood Mac

20年以上の長きに渡り活動していたフリートウッド・マックは年代によってかなりイメージが違っていた印象です。
レアーな所を狙う当伝ロックとしては、ピーター・グリーン在籍時、と行きたい所。
しかしながら彼は伝説のギタリストの回に譲るとしまして、今回はスティビー・ニックス時代の動画を、「麗しの女性ロッカー編」のカテゴリーとしてご紹介しましょう。
67年にピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックとしてデビュー。ボブ・ウェルチの参加時代後、スティービーとギタリストの リンジー・バッキンガムが参加したのが 75年。
動画は参加間もない76年のものです。
妖艶な魅力のスティービーですが、この動画ではあどけなさすら感じる初々しい感じグッと来ませんか?殿方の皆様(笑)
その後大ヒットアルバムの「噂」がリリースされたのが77年となるわけですね。
私的にはキーボードのクリスティーン・マクビーが好きでしたねぇ。ソロ・アルバムも良かった!
そんなものですから、その後ツアーに出なくなってしまったのは残念でありました。
そう、ドラムのミック・フリートウッドという人はなかなかお茶目な人で、以前見たライブ映像では体にパッドを仕込ませて、ステージ前まで出て来てボディ・ドラミング(笑)を披露してました。
その表情が!もう!(笑)   バッション屋良は絶対あれを見てますね…(笑)。
ということで、アルバム「ファンタスティック・マック」より「リアノン」をTVショーの映像でお楽しみください!
エンディングに向かうにしたがってグングンロックして行くスティービーのパフォーマンスにも注目です!



「Rhiannon」(1976)

↓スティービー・ニックス参加後初のアルバムをご紹介。「噂」に負けず劣らずの名盤。必聴!

|

« The Babys | トップページ | Jackson Browne »

コメント

イギリスの薔薇は今も聞いてる、一年に一回くらい。ブラックマジックウーマンはここが本家だよね。

投稿: あかつき | 2009年5月 3日 (日) 15時04分

>あかつき さん 

コメントありがとうございます。
名盤ですよね。伝ロックではあえてピーター・グリーンズ・フリートウッド・マックは別項にして取り上げておりますので、ぜひ見てみてくださいませ!

投稿: ふみにゃん | 2009年5月 4日 (月) 22時57分

あー。。。
コラシアム2、フリー、フランクまりのにコメントしたんですけど
名前書き忘れました・・・

まったく話題にならなかったかもですが
来日もした、第3期?F.Macもとりあげてください。。。

ひさびさにDave Masonさんが来るって言うんで
当時、見に行きました・・・90年代前半でしたっけ?

POPな曲ばっかりでしたけど、捨て曲はなかったような
気がしています。。。

中に2曲?Daveさんの作った曲があるんですけど
まったくのMason節になっちゃってて、ゼンゼンF.Macじゃ
なかったですけど。。。

Daveさんのコーナーがないんで、もう少し(笑)
bassのGerald Johnsonさん、KeyのMike Finniganさんが
わたしにはちょーどヨカッタんですよね。。。
とはいっても、daveさんの曲には、チャックレイニーさんが
いちばん合ってたような気がしています・・・

そういえば、今年の1月来日したんでしたっけ?

投稿: junnir | 2011年7月12日 (火) 01時40分

>junnir さん

例によって超遅コメント、ご容赦願います…
デイブ・メイソン狙い…ってのも凄いですね(笑)。
デイブはトラフィックを含めて取り上げねばならないお人ですよね。

投稿: ふみにゃん | 2011年8月21日 (日) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6086813

この記事へのトラックバック一覧です: Fleetwood Mac:

« The Babys | トップページ | Jackson Browne »