« IRON MAIDEN | トップページ | Patti Smith »

2007年5月30日 (水)

Bruce Springsteen

世間一般で「ボス」と言えば、缶コーヒーかブルース・スプリングスティーンのことをさします(笑)。
と、いうぐらいカリスマと呼ぶにふさわしいアーティストの登場であります。
もはや知らない人はいないであろう、大御所中の大御所
彼が日本の数々の疾走系(笑) アーティストに与えた影響は計り知れないですね。 疾走系アーティストとは、いわゆるハマショー、オザキ、モトハル、(敬称略、なぜカタカナ…)などのアーティストを指します。… ってなんかどこかで聞いた事ありますよね(爆)
たしかジャクソン・ブラウンの時に同じ事書きましたね(笑)。
スプリングスティーンは多分にフィジカルな感じではありますが、アコースティックで内省的なソロナンバーがあったり、アメリカの強さや痛みを表現すると言う部分では共通したものを感じます。
政治的な影響力もしかり。
彼のような大物の場合、伝ロック的にはなるべく初期の映像を、と思うのですが、なかなかこれぞ!というのが無い!…(泣) そこでここは個人の趣味でって事で(爆)、80年の全米No.1アルバム、「ザ・リバー」からのヒット、あまり良い映像ではありませんが、「ハングリー・ハート」のライブ映像をチョイスいたしました。
この曲、当時ラジオから本当によく流れてたんです。ミドルテンポの曲ながら、実に生き生きと、おどけたステップなんぞをみせながら歌うスプリングスティーン。いいですね!
「明日への暴走」でもそうですが、バックを固めるEストリート・バンドの演奏、豪快なサックス、キンコンと鳴るチェレスタや女性コーラスなど疾走系楽曲のマスター・ピースとも言える王道アレンジですね!
皆さーん!この人が元祖なんですよーっ(笑)!
そう、そのギタリストのスティーブ・ヴァンザントのソロアルバム、なんてのが出た事がありましたが、まんまスプリングスティーンでウケました(笑)。
長年一緒にやってるんだから当たり前か…(爆)。
それではどーぞ!



「Hungry Heart 」(1980)


↓意外にもこの5枚目が初の全米No.1アルバムだったんですね。名盤!

|

« IRON MAIDEN | トップページ | Patti Smith »

コメント

ここまでツボな名前がズラリと並ぶブログは初めて拝見しました。とりわけ、この御方は
「BOSS~!!俺だ~!!“もう限界だ!!これで最後だ!!”って絶叫してステージで大の字にブッ倒れて脇からスタッフが走り寄って毛布みたいのでバサバサ扇いでしばらくしてムクッと起き上がって復活して最後のワンフレーズをドカジャーンと掻き鳴らして場内ヤンヤの大喝采に包んでくれ~!!」
などと喚きたくなるぐらい大好物です。

投稿: あでる | 2009年10月11日 (日) 18時15分

>あでる さん

はじめまして!コメントありがとうございました!
ツボにはまっていただけて光栄です(笑)!!
スプリングスティーンのパフォーマンスは本当に痛快ですよね!
「わざとらしい」、と感じる人達もいるかもしれないのですが、そこはエンターテイメントですから!
それでこそボス!でしょう!
どこまでも付いて行きましょう(笑)。
またのコメントをお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2009年10月11日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6599260

この記事へのトラックバック一覧です: Bruce Springsteen:

« IRON MAIDEN | トップページ | Patti Smith »