« Steely Dan | トップページ | Foreigner »

2007年5月15日 (火)

Genesis

ひさびさにプログレ編、行って見ましょう!ジェネシスの登場です!
イギリスにて69年にデビュー。
現在、フィル・コリンズと言えば、ほとんどの人は「歌の上手な薄毛のオッチャン」(失礼!)みたいな認識だと思いますが、この人はプログレ界に名を馳せた凄いドラマーだったんですよ!って皆さんなら知ってますね(爆)。
話はそれますが、以前エルトン・ジョンの回の時に髪の事を書いたのですが、お願いです。「薄毛」や「ハゲ克服」などでのトラックバックはご遠慮下さい(爆)。
大量に来ました(笑)。そこはあまり拡げなくてもいいです。場所が場所だけに…って、またこんな事書くからダメなんですね>私(爆)。
話が脱線しましたが、ジェネシスです。大まかに、ピーター・ガブリエル在籍時とその後ドラマーの フィル・コリンズがボーカルになってからヒットを連発する時期と分けることが出来るとおもいますが、(また随分ざっくり…)やはり伝ロック的にはピーター在籍時の映像をお届けするのが良いでしょう。
この人がどんなに凄い人かはソロになってからの作品を聞いても明らかですが、とりわけジェネシス時代のカリスマ性と言ったら凄まじいものがあったのです。
白塗り、狐頭や王冠みたいな変な被り物(笑)、おかしな剃り込み、妙な全身タイツ(笑)などなど、まずライブでのその出で立ちでびびる訳ですが、その雰囲気満点のパフォーマンスは必見であります。
動画は70年のセカンド、「侵入」からのハイライトナンバー、「ザ・ナイフ」であります。73年のツアーなので、すでにドラムはフィルになってますが、どーですか!みなさん!
ホイッスルを咥えながらのフィル、ピーターの扮装は抑え気味ながら(笑)フルートを吹き、華麗なタンバリンワークを披露。マイクスタンドを振り回す姿。
スティーブ・ハケットの鬼気迫るギター・ソロ!うーん。カッコイイ。
そういえば今年ジェネシスは再結成ツアーを行うそうですね。もちろん3人時代ですが。
それでは、じっくりご覧下さい!



「The Knife」(1973)



↓動画曲収録。ちなみにこのアルバムでのドラムはジョン・メイヒューという人です。

|

« Steely Dan | トップページ | Foreigner »

コメント

「DUKE」を買った記憶があります。印象はそれほど残ってません。ですのでプログレどっぷりのGenesisは聴いた事は皆無と言う事になります。
この映像でようやくプログレGenesisが観えて嬉しい限り。
ありがとうございました。

彼等に関しては、近年スティーヴ・ハケットがGenesisの初期のナンバーをリメイクしたのを聴いて再認識した次第です。3人となってアメリカでブレイクした80年代はピーターもソロでブレイクしMTVでよく拝見したものです。それ以上にフィルの露出は多かったですね?

そう言えば高校時代にgの周りでは在籍したメンバーがフィルを除いて全員貴族の出と言うのも話題になりましたね。

投稿: g | 2008年2月26日 (火) 12時59分

>G さん

いつもありがとうございます。
喜んでいただけてなによりです!
このブログ自体が、いつか見てみたいと思っていた映像が気軽に見れるサイトって言うのが目標ですから、本来の見方をしていただけた、って事で(爆)。
YouTubeのようなものが出来る前は、想像も出来なかったことです。もうライブに行くか、DVDを買うか、CSなんかで取り上げられるのを待つ、とかしないと体験出来なかったものが、一気に見れる。
私自身がそんなのがあったらいいなあ、と思っていたので。
これからも、なんとかこの動画の海から厳選していきたいと思います。
いろんなアーティストの動く姿をまたご覧になってみてください!

貴族出身だ、とかまあ当時は色々な事が「売り」になったもんですなぁ。
でもフィル・コリンズ以外、ってとこでなぜか笑っちゃいますね(爆)!

投稿: ふみにゃん | 2008年2月27日 (水) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6421959

この記事へのトラックバック一覧です: Genesis:

« Steely Dan | トップページ | Foreigner »