« Girl | トップページ | Ten Years After »

2007年5月10日 (木)

Ramones

学生時代ハードロック派だった私にとって、いわゆる当時のパンク・ロックはどちらかと言えば苦手な分野でありました。
今回ご紹介するラモ-ンズはまさにパンクの祖とも言われる人たちですが、出身はアメリカ。
76年にデビュー。メンバーは全員がラモーン姓を名乗るという!
ジョニー・ラモーン、ジョーイ・ラモーン、レーザー・ラモ…は違ったか(爆)。もちろん芸名ですが(笑)。
彼らの音楽スタイルがイギリスのシーンに飛び火してパンクのムーブメントが巻き起こった、とも言えるでしょう。
当時私達がハードロックVSパンクロックで対立していた頃に象徴されるパンクのトンガリ短髪、カミソリ、安全ピン、見たいなイメージはセックス・ピストルズを始めとするイギリスで形作られた物だったのですね。
こうして見ると、ラモ-ンズやニューヨーク・ドールズなんかの、ニューヨーク・パンク・シーンのバンドのルックスって、主張はあるものの、ロングヘアーのハード・ロックの連中と大差ない感じしませんか?  どうでしょう。
ラモーンズの楽曲ですが、見事なまでに後のパンクのお手本とも言える様式ですよね。今改めて聞くと、コンパクトでハイスピードなドライビング・ロックン・ロールとも言えるもので、十分カッコイイですよね。なんであの頃敬遠してたのか不思議なぐらい(笑)。
でも学生時代を思い返して見ると、当時相手をけん制しつつも、パンクやニュー・ウェイブの連中とハード・ロックの連中、お互い結構気にして陰で聞いてたりしてたんですよね!
文化祭で先輩のバンドが演奏してた「ロッカウェイ・ビーチ」、カッコ良かったなぁ。なんてね(笑)。
さて動画はデビュー間もない頃のニューヨークでの演奏。場所は伝説のライブハウス、(ブロンディーやパティ・スミスも出演していたという)CBGBです。
テケテケ・イメージだったモズライト(爆)を見事にダウン・ストロークで鳴らすジョニー、最高だぜ!(笑)。それではどーぞ!



「Blitzkrieg Bop」(1976)


   

↓すべてはここから始まった!「ラモーンズの劇場」!もとい(爆)「ラモーンズの激情」だ!

|

« Girl | トップページ | Ten Years After »

コメント

ラモーンズ・・・・

たしか私カラオケで歌いましたよね?
Rock'n Roll Radio でしたか?
Blitzkrieg Bop でしたでしょうか?
あの時のことはとても酔っていたのであまり覚えていません(笑)

次の日はひどい二日酔いである人にとても迷惑をかけてしまいました(反省)
でも、皆さんと飲めたのがとても楽しかったのでいい思い出です。

投稿: ロニー・ナイローラー | 2009年8月25日 (火) 18時50分

>ロニー・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!

この記事も2年以上前に書いたもので、今見るとちょっと洞察が足りない感じがしますねー(爆)。

そう!歌ってましたね!どっちだったけ?(私もうろ覚え…)
思えば全てがあそこから始まった、メモリアルな夜でした!!
先日ココロさんが仙台ライフの楽しさを知ってしまいましたので(爆)、ロニーさんにおかれましても再度の来仙、ぜひご検討下さい!!

またのコメントお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2009年8月26日 (水) 01時07分

ココロ・ナイローラー
ロニー・ナイローラー
店長・ナイローラー

.......すみません。影響受けてます。w
TELEVISIONもDEAD BOYSも好きだぜぇ〜〜〜!!!!!!!!!www

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年8月26日 (水) 21時57分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!

あぁっ!そうか!そうですよねー。
ある意味基本ですよね!!

投稿: ふみにゃん | 2009年8月27日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6365629

この記事へのトラックバック一覧です: Ramones:

« Girl | トップページ | Ten Years After »