« Bette Midler | トップページ | Todd Rundgrens Utopia »

2007年6月24日 (日)

Blood, Sweat & Tears

血と汗と涙の…って外国にもあるのね、と言うことで(笑)。シカゴらと並んでブラスロックの潮流を形成したブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ (通称BS&T)をご紹介します。
元々は日本でも「ジョリー」のヒットで知られる、ミュージシャン、プロデューサー、アル・クーパーが創設したバンドですが、もっともブレイクしたのは彼がバンドを離れた後発表された69年のセカンドアルバムでしょうか。
サウンド的には基本ファンキーでソウルフルなロックにジャズやクラシックなどの多様な味付けが入る、と言った感じ。
私的にはシカゴよりも良い意味でバラエティーに富んだ印象がありましたね。
動画ですが、もっと古くてレアなものもあったのですが、「スピニング・ホイール」を選びました。
この曲のイントロ、どこかで聞いたことありませんか?
そう、昔週末の夜に放送されていた、「ウイークエンダー」のジングルとして使われていた、あれです(笑)。
「ウーッ、ン パパパパパー パパパパーン パァーン」っていうブラスの響き。
それに続いて桂 朝丸(古っ!)が出てきて、「こいつが悪いやっちゃー!」(笑)とか言ってたのを思い出します。
まあイメージから淫靡な雰囲気が漂いますが(爆)、曲はこんな感じです。
途中なんか思いっきりジャズでしょ(笑)。
バンドはまだ存続しているようですね。
それでは遊び心抜群のファンキー・チューンをどうぞ!



「Spinning Wheel」(1969)


↓サティーからローラ・ニーロまで!選曲の妙ですね!

 

|

« Bette Midler | トップページ | Todd Rundgrens Utopia »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6904838

この記事へのトラックバック一覧です: Blood, Sweat & Tears:

« Bette Midler | トップページ | Todd Rundgrens Utopia »