« Rory Gallagher | トップページ | Kansas »

2007年6月30日 (土)

Dr.Feelgood

斜め歩行でカッティングー(笑)!ドクター・フィールグッド行きますよ!
70年代、イギリスのロックシーンでパブ・ロックという流れがありましたが、彼らはその代表といっても過言ではないでしょう。
多くのアーティストに影響を与えた彼らですが、とりわけ日本のビート・ロックと呼ばれたバンドの間では古くからカルト的影響力を持っていました。
その一番の理由はギタリスト、ウィルコ・ジョンソンの存在。私的にもやはり初期のウィルコ在籍時がツボですね。
誰が聞いても一発で彼とわかるギタースタイル。ピックを使わず、手でカッティングするのですが、左手でネックを鷲掴みにするシェイクハンズ・スタイルとあいまって、超絶的な切れ味
とくに私が見ていて感動するのはバッキングの時もソロの時も右手の動きが全く同じだということ。ソロになっても全くグループ感が変わらないのはそのためなんですねぇ!
さらに傑作なのがそのステージアクション。のってくると左前に向かってスタタタッと歩いて行ったり来たりするのですが、曲のテンポと全く同期しないんですよ、これが!
なのにリズムキープは鉄壁だという…。これはなかなかキュートですよ(爆)!
その後ウィルコは77年に脱退。現在もソロで活動中。
最近はすっかり頭が(頭髪ね)イってしまっているようですが(爆)、カッコよさはあいかわらず!来日時、友人でもあるシーナ&ロケッツと共演して、ギターの鮎川誠がウィルコと共に斜め歩行を決める(笑)!なんてシーンもあったようです!
94年にリー・ブリローが他界した後にもバンド自体も存続しているようですが、メンバーを見たら、オリジナルメンバーが一人もいない…、って別のバンドじゃん(爆)!!
動画は75年のTVショーからですが、ボーカル、リー・ブリローの一点を見つめて歌う鬼気迫る感じ、強烈なブルースハープもミソですね!
曲は2曲!デビュー・アルバム「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」から、「オール・スルー・ザ・シティー」、「ログゼット」です。司会者がオバカな感じが若干気になりますが…(爆)
お楽しみ下さい!



「All Through The City」「 Roxette」(1975)


↓絶対マストのデビューアルバム!バンド名の意味が「ヤバイ医者」ってことでその後のアルバムの邦題が「不正療法」「殺人病棟」ってオイオイ(笑)。


|

« Rory Gallagher | トップページ | Kansas »

コメント

we are mods!!!
パブロックって意外とmodです!
パイレーツもよろしくですっ☆

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月10日 (金) 23時04分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
そうですよね!なんで私も最近気になってしょうがないのかも。
もちろんココロさんからの影響大、ですが(笑)。

投稿: ふみにゃん | 2009年7月12日 (日) 14時55分

7月28日(火)
恵比寿リキッドルームにて、wilko johnson vs theピーズが開催されます!!!
僕はサマソニ行かなきゃなんで、そう何回も関東へは行けないって事で今回は断念です。。。。

実は僕、デビュー前からピーズ大好きなんです♪
仙台R&Rオリンピックの映像をTVで見た時に、
「キタッッッッッッッッッッッ!」

デビュー時から雑誌のインタビューとかで、ずっと
「みんなDr.Feedgood聴けよっ!」
って良く言ってたんですが、結局ミッシェルが登場して彼らがfeelgoodからの影響を
口にするまではそんなに広まりませんでしたね。。。。w

wilkoと言えばアベフトシと競演したりと、深い交流があったので
アベ氏が亡くなってしまった事に対して、とても深い悲しみを感じた一人だと思います。
と、言うか師匠ですもんね。何で弟子のお前が先に行くんだ!って想いでしょうか。

ミッシェルと言えばドラムのQちゃんことクハラカズユキがピロウズのトリビュートで、
ピーズ、ピロウズ共通のドラマーであるしんちゃんに変わってタイコを叩いた時に感じた事を
後日ピーズのパンフに寄せています
「俺はまだまだ青かった。おんなじくらいになるのはいつだろう?」

Dr.Feelgoodの影響はここ日本でも様々な繋がりを作りながらお互いを高めています。
やっぱり偉大ですね!!!

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月25日 (土) 15時06分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
ウィルコ来日ですか!なんというタイミング。

私自身、これまでどちらかというと、洋楽邦楽問わず、パンク、ニューウェーブ系はなかなか深められない傾向がありました。
しかしながらこんなブログを始めて色々聴きあさる中で、様々に自分のロックに対する幅が広がってきたんだなあ、と実感する次第です。
ドクター・フィールグッドやパイレーツなんか最たるもので、なんで当時のめりこまなかったんだろう?って感じです。
もちろん田舎じゃほとんど紹介もされてなかったのですけど(爆)。

まあそんな流れでその後影響を受けたバンドにも目が向いて来ているのも事実。(ココロさんからの影響が一番っだったりして(爆))

ピーズやピロウズもきちんと聞いてはいないんですが、これまで何かで聞いてきた時には「お、なかなかいいじゃん!」と思ってました。
この間ラジオを聞いていた時も、「ん、いいな。なんてバンドかな?」と思って最後まで聞いたらピロウズだった…ということがありました(笑)。
ピーズやピロウズもだいぶ長くやってますものねぇ。
まあ、とどのつまりは「いいものはいい!」って事なんですな(爆)。
こんどちゃんと聞いてみます。(確かにロニーさんも好きだといってましたね)。

アベフトシのギターはね、当時から注目してました。
こういうことだったわけですね。
確かに偉大です。

ご覧のとおりこっち方面には弱い伝ロクですが、ココロさんのような造詣の深い方のサポートコメントで充実して行けたら本望です。

今後ともよろしくお願いしますっ!!

投稿: ふみにゃん | 2009年7月26日 (日) 08時21分

こんばんは、プレイバックで楽しくお話しさせていただいた者です。

Dr.FEELGOODは1stを買ったんですが、ピンとこないまま年月が過ぎ
旧タワレコ仙台でライブDVD+CDをなんとなく買ってみたら良過ぎて困りました(*´д`*)
ああ、こりゃミッシェルのメンバーも好きになるよなあ。って(笑)
ライブがかっこいいバンドってやっぱり良いですね。

これからもよろしくお願いします。

投稿: malt_hop | 2011年11月 7日 (月) 21時11分

>malt_hop 様

プレイバックではありがとうございました!
また当ブログをご覧になっていただきありがとうございます!

早速フィールグッド(^_^)。
ライブ映像や音源をチェックするのって大事ですよね。
私も気になるアーティストさんがあると、必ずライブソースをチェックするようにしてます。
特に昔のアーティストの場合、録音技術の事情もあって、スタジオ版はイマイチって事も多々ありますのでf^_^;)。
またお店やライブ会場でお会いいたしましょう!
またのコメントお待ちしておりますね。
これからもよろしくお願い致します(^O^)/

投稿: ふみにゃん | 2011年11月 8日 (火) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6975975

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.Feelgood:

« Rory Gallagher | トップページ | Kansas »