« Blood, Sweat & Tears | トップページ | Rory Gallagher »

2007年6月27日 (水)

Todd Rundgrens Utopia

ユートピアをご紹介させてください!すみません!って謝る必要はないか(笑)。
私のオールタイム・フェイバリット・アーティスト、トッド・ラングレンは以前ご紹介済みですが、トッドにはソロの他にユートピアという74年結成のバンド・スタイルがありました。
キーボードが3人という6人編成で、プログレ的アプローチを行っていましたが、最終的には、75年からトッド、ロジャー、カシム、ウィリーの不動の4人でほぼ10年の活動となります。 
4人になってからのアルバム、「太陽神」は組曲的コンセプト・アルバムだったものの、その後は徐々に曲がコンパクト化。80年の「ミート・ザ・ユートピア」ではいきなりビートルズのパロディー、というアプローチで周囲の度肝を抜きます。
以降は味をしめたか、キャッチーなポップ・ロック路線でいきますが、とにかく面白いのは全ての時期を通して一聴して彼らと分かるコズミック感、とでもいいますか、レトロ・フューチャー的音世界。もちろんトッドの持ち味でもあると思うのですが。
また凄いところとしては、メンバー一人一人が楽器の達人でマルチ・プレイヤー、さらに全員がボーカルもコーラスもとれるという…。
まあトッドと同じような人種が4人も集まっちゃったのだから驚きですね!
リアルタイムでライブを見れなかった私にとって92年の再結成ライブは本当に涙ものだったなぁ。
さて動画ですが、比較的沢山の映像がある4人時代に比べて圧倒的に少ないのが初期の6人ユートピア。ファーストアルバムより、「フリーダム・ファイターズ」をお届けします。
デビューの時にはまだトッドラングレンズ・ユートピア、と名乗っていて、これはもう完全にプログレといってよいでしょう。
しかしながらトッドの強力なポップセンスとパフォーマンスで、明らかにヨーロッパのプログレとは一線を画する雰囲気。
しかも、当時のドラム、ケヴィン・エルマンのこの裃(かみしも)のような(笑)衣装はなんでしょうか!殿中でござるぞ(笑)!
それでは貴重なライブをどうぞ!



「Freedom Fighters」(1974)


↓ファーストアルバム。A面はライブ、B面は一面一曲のスタジオ盤でした。

|

« Blood, Sweat & Tears | トップページ | Rory Gallagher »

コメント

ふみにゃんさん、ご無沙汰しております。最近またいろいろな方のコメントを見て覗きたくなりました。トッド・ラングレン私もフェイバリットの1人で特にこの時期のユートピアは直接の体験はできませんでしたが、ロジャーふくむ3人のキイボード奏者やジョン・シーグラー(この人のベースはこのみです。)がいる動く姿を見て感動しています。4人ユートピアは数回ライブに足を運んでいますが、五反田ユウポートでのものが最高ではなかったでしょうか。また、トッドが1人で渋谷でファンを囲み同じフロアでライブを行った事(みんなにキイボードをひかしたり、パーカッションで参加させたりと一体化したものでした。)を思い出します。回顧話になりましたが、話を戻しますとこの時期のユートピアはプログレの部類に入るといわれていますが私的にいうとELOをもう少しRockらしくした上品でかっこいいプログレ(訳がわからなくなりました。)とでも言いましょうか。そんな印象です。

投稿: Tommy | 2009年3月 6日 (金) 19時56分

>Tommy さん

コメントありがとうございます!お久しぶりです。
最近コメントを下さる皆さんは本当によくアーティストをご存知ですよね。アーンド 素敵なエピソードも満載で、私のつたない記事を補ってくださってるんですよ!
本当に感謝しております。
もちろん、Tommyさんも!

さてTommyさんもトッド好き(笑)だったとは!
早く言ってくださいよー(爆)。
実はユートピアの初来日は76年の12月のこと。4人になってしまった直後の事でしたから、6人バージョンは、ここ日本ではついぞお目にかかれなかったわけです。
私は田舎住まい(爆)だったために、なかなか生トッドにあうことは出来なかったのですが、トッドの「二アリー・ヒューマン」ツアーとユートピアのリユニオンの時は見に行きました。
「POD」(鳥篭ですよね?)を使ったソロライブは私も行きたかったんですけど…うらやましいです!

この頃のユートピアはTommyさんのおっしゃるとおり、プログレでもひと味違ってましたね!
またのコメントをお待ちしております!


投稿: ふみにゃん | 2009年3月 8日 (日) 07時53分

ふみにゃんさん さすがにあのツアーの名前をご存知ですね!私は忘れていました。そこでまったく話しは変わるのですが、アメリカンロックの日本未体験グループのヘッドイーストが大好きなんですsign01しかしあの絶頂期ライブの時期の動く生がYouTubeで見つかりません。どうしてもマイク サマービルがギターを弾くLoveMeTonightが見てみたいのですが 見たことあります唐突な質問要望をしまして申し訳ありません。

投稿: Tommy | 2009年3月 8日 (日) 19時41分

>Tommy さん

おぉ!ヘッド・イースト! 確かにざっと見る所、当時の動画は無いようですね…。
無敵の(笑)YouTubeですが、さすがに70年代のバンドの映像、特に超メジャーじゃない限りは当時の映像が出てこない物も多いようですねぇ。
ヘッド・イーストもそうですが、ディテクティブ、ストラップス、ビッグ・スター等々、動画が無いため、ということで控えているネタを数えたら枚挙にいとまがありません(笑)。
時代が時代なだけに、元々無いのかもしれませんが、いざ出て来た時に逃さないように根気強く検索をかけて行きたいと思っております!
また、情報などありましたらご一報下さるとありがたいです。
頑張ります(爆)!

投稿: ふみにゃん | 2009年3月 9日 (月) 22時02分

初めまして、アルバムレビューを書いていて検索していたらこちらへたどり着きました。
このアルバムの中ではfreedom fightersが最も聴きやすくて私は好きです。
Toddのアルバムの中ではアカペラ同様、少し変わったアプローチですね。個人的にはUtopiaは現在の4人のチームのほうが音楽的にも好みであります。
私もつまらないブログをはじめたところであります、トラックバック、リンク貼らせて下さい、よろしくお願いいたします。

投稿: suzuki1105 | 2011年2月25日 (金) 15時59分

>suzuki1105 さん

どうもはじめまして!コメントありがとうございます!
Todd ファンの方からのコメント、死ぬほど嬉しいです(爆)。
suzuki1105 さんのブログも早速拝見いたしました。
なんと!取り上げられてらっしゃるアーティスト、全て私にとっての大フェイバリット!さらにアルバムも全て私がベストにチョイスしたいと思っていたものなのです!
とても他人と思えません(爆)。
こちらからもリンクを貼らせていただきます!
またのコメントを!
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ふみにゃん | 2011年2月27日 (日) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/6943127

この記事へのトラックバック一覧です: Todd Rundgrens Utopia:

« Blood, Sweat & Tears | トップページ | Rory Gallagher »