« Jethro Tull | トップページ | Bonnie Raitt »

2007年8月 6日 (月)

Ozzy Osbourne (Joe Holmes)

オジー・ギタリスト列伝、5人目はジョー・ホームズ!曲はもちろん「ミスター・クロウリー」(笑)!
いやー、遂に来る所まで来ましたねー。正直言って当伝ロックとしてはもう新し過ぎ、なにせ7年前の動画ですから…(爆)ただこれ、もう始めてしまった手前、番外中の番外という事でお許し願いたいと思います。
さて、92年に一度引退宣言をした後、95年にアルバム「オズモシス」を発表。
ツアーにて華々しく復帰する予定だったオジー・オズボーン。それまでがっちりと脇を固めていたギタリストのザック・ワイルドが、ガンズ・アンド・ローゼスへの参加問題でもめたため、あえなく解雇。
その後、オーディションを経て参加したのが、ジョー・ホームズであります。
リジー・ボーデン、デビッド・リー・ロス・バンド、元オジーのギタリスト、バッド・ランズのジェイク・E・リーのギターテクニシャンも担当していた、というジョー。
故ランディー・ローズのギタースクールの生徒だった、という事も発覚し、オジーとは運命的な出会い、と思われました。
しかし、当時のオジーはブラック・サバスの再結成プロジェクトも行っており、その点では
ちょっと不運だった、という部分もあるでしょうね。
98年のベスト盤、「オズマン・コメス」のツアーにはザックが復帰。さらに次のアルバム「ダウン・トゥ・アース」には曲作りまで参加していたのに、結局ファンからの強い要望により、ザック・ワイルドが完全に復帰してしまうという…。
そんなこんなで、ジョーはスタジオ盤の演奏を残すことなく脱退してしまったわけです。
さて、動画は2000年のオズフェストのもの。
どうでしょう!皆さん!ジョーのギター。音だけ聞くと、ほんと、凄いですよね。
意外とカッチリした演奏ですし。さすが、ランディーの愛弟子!と言いたくなりますね。
ただ、私が思うに、何かが足りない気がするんですよ。上半身裸でロバート・トゥルージロとフロントを固める姿は、まさに今時のバンドって感じですし、オジー・の歳のせいか(爆)、キーも下げられてますしねぇ。そこは迫力があって良いのかもしれませんが、なんと言えばいいか、これまでの歴代のギタリストに比べて、「オーラ」が無い、というか、華が無い気がするんですよねー。レコーディングにまで至らなかったのはその辺が原因でしょうか?
という訳で、貴重なライブ、お楽しみ下さい。
ところで、残すギタリストはバーニ・トーメ、だけとなりました。ところが!当然のように動画が無い!あるわけ無い(笑)! というわけで、オジーギタリスト列伝もここで一段落、ということにさせてください。それではどーぞ!



「Mr. Crowley」(2000)


↓ジョーが弾いたオジーのアルバムはありませんが、曲作りに参加した、という事で。「ドリーマー」は名曲!


|

« Jethro Tull | トップページ | Bonnie Raitt »

コメント

ジョーさん腕は良いようですね。YGに出てた事があってインタビューも読んだ気がしますが・・・DLR時代はVAIのギターを覚えるのに苦労したという以外よく憶えてません。今何処?

投稿: g | 2008年2月19日 (火) 23時55分

>G さん

今回もありがたいコメントたくさんありがとうございました!
(携帯でチェックしていて確認が前後しちゃいました…お許しを…)

ジョー・ホームズ、確かにうまい。うまくなければオジーのギタリストは務まりませんものねぇ…。
加入の時期が悪かったのか、はたまた…。
さすがにこの年代からはあんまり「後追い」はしてないので、最近の情報はチェックしてませんでした…(爆)。
どうしてるんでしょうか…。

投稿: ふみにゃん | 2008年2月21日 (木) 07時08分

来日した時福岡に観に行きました 確かに地味なんで期待してなかったんです
 しかも前日彼女にふられたばかりだったんで.. 適当な気で観はじめたら
そのサウンドの良さとプレイの正確さに平手打ち喰らわされました!
特にFlyng High Againでスクリーンに映し出されたランディを背にソロを
弾いた時には鳥肌が立ちました!自分の師匠へ最高の恩返しですよねえ
おかげで失恋の痛みも少しやわらぎました(笑)
ちなみにブログとか見ると今でも地道にソロで活動準備中みたいです
余談ですが
二年後に来たときはザックでしたが 弾きまくるだけで全くデリカシーに欠けて腹が立ちました(笑)
最近このページ発見してすごくファンになっちゃいました!
読み続けます!

投稿: yokkun | 2008年8月 1日 (金) 16時50分

>Yokkun 様

素敵なコメントをありがとうございます!

ジョー・ホームズの貴重なライブ体験のお話、思わず唸りました(笑)。
やはり表面だけでは分からない部分、あるんですねぇ…。

最近多忙なため、更新が遅れがちですが(爆)、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ふみにゃん | 2008年8月 2日 (土) 03時21分

はじめまして、レブと申します。通りすがりお邪魔
します。

ジョーといえば’96頃にはオジー・バンドに参加し
ているようですが、動画は’00年となると4年は
在籍していた計算になりますよね。

結構続いたにもかかわらず、ダウン・トゥ・アース
はザックが参加・・・こればっかりはオジー本人の
コメントを読んでみないと分かりませんよね~

投稿: レブ | 2011年4月21日 (木) 11時26分

>レブ さん

どーもはじめまして!
コメントありがとうございました&遅くなりまして失礼いたしました。

そうなんですよ、結構長く在籍してるんですよね…。
本文にも書きましたが、ギター、うまいんですが、何かが足りなかったのかも知れませんね…。
難しいものです。

リベンジでは無いにせよ、どこかで別の形ででも彼が登場してきてくれればと願ってやみません。

またのコメント、おまちいたしております!!

投稿: ふみにゃん | 2011年4月25日 (月) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/7429585

この記事へのトラックバック一覧です: Ozzy Osbourne (Joe Holmes):

« Jethro Tull | トップページ | Bonnie Raitt »