« Nick Lowe | トップページ | Elvis Costello »

2007年8月25日 (土)

The Allman Brothers Band

このバンドを聞かずしてアメリカンロックを語るなかれ!オールマン・ブラザーズ・バンドの登場です!
ギターの兄、デュアン・オールマンとキーボード、オルガンの弟、グレッグ・オールマンのオールマン兄弟が中心になって結成されたバンドは69年にデビュー・アルバムをリリースして活動をスタートしました。
ブルースを基調としながら、デュアンとディッキー・ベッツの強力なツイン・リード、ジェイモーとブッチのツイン・ドラムなど、サザン・ロック・スタイルのの始祖とも言うべきスタイルを確立。
豪快で強力なパフォーマンスにジャズっぽいアプローチも加えた長い演奏。
それらが大きく評価され、歴史的名盤、「アット・フィルモア・イースト」がヒットしたのであります。
デュアン・オールマンという人はその他のセッションワークでも数々の名演を残しておりますが、代表的なのが、デレク&ドミノスの「いとしのレイラ」での演奏でしょうか。
エリック・クラプトンと堂々わたりあった素晴らしいギターやスライドエリック本人にも多大な影響を与えたと言われています。
ところがそのデュアンは「アット・フィルモア・イースト」発表後間もなくの71年にオートバイ事故にて若干24才で他界
さらにベーシストのベリー・オークリーがデュアンとほとんど同じ場所でやはりバイク事故で亡くなるという悲劇に襲われるのであります。
もうなんか呪われたみたいな話ですが、あるんですねぇ…。
しかしながら、バンドは力強く活動を続行。73年のアルバム「ブラザース&シスターズ」は全米No1に。
グレッグとディッキー・ベッツらはソロ活動でもいいアルバムを残していますが、本体のバンドは度重なるメンバーチェンジにもめげず、現在も存続しております。
さて動画ですが、伝ロック的にはやはりデュアンがギターを弾いているところを見て見たい、ということで、探してみました!
なにせブラザース、といいながら、2人揃っての活動期間となると、本当に短かったので(爆)、さすがになかなかない…。
そんな中、70年9月のというのが結構出ておりましたのでご紹介します!
曲はフィルモアでのライブでもラストに収録されていた、「ウイッピング・ポスト」です。荒削りながらも、ツイン・ギター、ツイン・ドラムの醍醐味と、フィルモア前後のまさに神がかったパフォーマンスを垣間見ることが出来ると思います!
長い曲なので途中までですみませんが、どーぞ!


「Whipping Post」(1970)

↓ベタながら、やはり定番、いって見ましょう!歴史的名盤!完全版の方、ご紹介しましょう!



|

« Nick Lowe | トップページ | Elvis Costello »

コメント

ふみにゃんさんはじめまして。jamkenといいます。私はたんなるrock好きのおじさんです。オールマンは初めて手に入れたアルバムはフィルモアイーストでした。自分で買ったわけではなく、当時のrock友人(オールマン狂)が誕生日のプレゼントでくれたのです。「まず聞け」と。次の日から「どうやどうや」の感想攻め。私は当時高校生。パープル、YESなどの有名どころを聞いていた正常な少年でしたがこの件をきっかけにしてアメリカンの世界に突入です。ところでふみにゃんさんのブログははじめてです。びっくりです。その数に。でこのビデオははじめてみて感動。グレッグの顔いいですね。またおじゃまします。

投稿: jamken | 2009年10月10日 (土) 10時52分

>jamkenさん

はじめまして!コメントありがとうございました!
楽しいエピソード、ありがとうございました(笑)。
私の場合もそうでしたが、「まず聞け」と言ってくれる友人達のおかげでこのブログがある、と言っても過言ではありません(爆)。
ちなみに、この動画、音声がずれて見にくかったので、今回修正して差し替えました。(ちょっと画質、音質共にダウンしてしまいましたが…。)
どうぞ隅々までご覧になってください!
新しい発見があるかもしれません。
またのコメントをお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2009年10月11日 (日) 21時39分

ABBは一時期いちばん好きなバンドでした。
個人的には、ずーっとディッキーさんfanなんで
クビになってからは、聴いていませんが。。。
90年?91年?再結成後の1stアルバムの
seven turnsでしたっけ?あんなキザっぽい歌は
やっぱり彼にしか似合わないような気が・・・

投稿: junnir | 2011年7月 7日 (木) 02時35分

>junnir さん

コメントありがとうございます!
いいですねぇ ディキー・ベッツ。
「Seven Turns」は90年ですかね。いい歌です。
バンドに歴史あり。
もう戻ることはないのでしょうか。
またのコメントをお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2011年7月10日 (日) 14時45分

こんにちは、このサイト今日発見し,感動で一杯です!私も高校のときオールマンを聞いて、ブリティッシュロックファンから鞍替えしてしまいました!ブルースも聴いています。周りにはサザンロックのファンがおらずまるで話が合いません!感動しています〜〜〜ToT。先日コンサートをなさっていた大阪の方がコンサート後の話でオールマンのファンと知って,意気投合してしまいました!三十年ぶりの仲間出現でうれしいです(私当年とって53歳ですので)。"Live at the Atlanta Internatioonal云々"初めて知りましたが,中身を見て早速注文しました。今後ともよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。
本名はま◯◯ですが、Matと呼んでください!

投稿: Mat | 2011年7月19日 (火) 16時40分

>Mat さん

はじめまして!コメントありがとうございます。
また遅いコメント返し、どうもすみません。
喜んでいただけたようで嬉しいです。
いつの時代もサザンロックファンは少数派…(爆)。
私自身好きなジャンルなので、結構伝ロクでは取り上げている方だとは思いますが。
これからもよろしくお願いいたします。
またのコメントをお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2011年8月22日 (月) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/7664597

この記事へのトラックバック一覧です: The Allman Brothers Band:

« Nick Lowe | トップページ | Elvis Costello »