« The Band | トップページ | Nazareth »

2007年10月25日 (木)

Billy Squier

やったぜビリー!
アメリカン·ハード·ライダー、ビリー·スクワイアの登場だ!
ハード·ライダーってどんなライダーだ(笑)!
77年にバンド「パイパー」でデビュー。
80年のソロデビューからグングンチャートを急上昇したアーティストであります。
コンバース社の御曹司だった、というのも有名な話でしたが、とにかく印象的なカーリー·ヘアーにハスキーボイス。曲はそこそこハードだけれど、基本的には非常にポップでアメリカン。時にステップを決めながら、時にギターをかきむしりながら、熱く、熱くシャウトするビリー!カッコイイっすねぇ。こういうハード·ロックン·ロール、と言いますか、小気味良いロックを決めるアーティストは80年代に沢山いましたね!リック·スプリングフィールドやエディー·マネー、ビリー·アイドル等々。でもまだ伝ロックではほとんど取り上げてませんね…。先は長いぞ(笑)。
レコードではシンセやSEなどが印象的に使われていて、新世代のロック、って感じが結構お気に入りでした。
特に82年のアルバム、「エモーションズ·イズ·モーション」はアンディー·ウォーホールが手がけたというジャケットが目立っていて、レコード店にもポスターがガンガン貼ってあったりしました。
クイーンのフレディやロジャーが参加していたり、フェアレディーのCM曲の軽快なロックン·ロール「キープ·ミー·サティスファイド」などが収録されていた好盤でしたが、私的におすすめはその前のアルバム、「ハードライダーの美学」でしょうか。
「エモーション~」よりもストレートな印象で好きでした。
ってわけで、動画もそのアルバムの1曲目、「イン·ザ·ダーク」で行きましょう(笑)。
当時はライブLDが出ていたので、生演奏の動画もたくさんあるはず、と探してみましたら、ありました!荒っぽい演奏はご愛嬌。実にライブらしくてよろしいですな!ベースはもちろんケニー·アーロンソン(笑)。
最高にカッコイイナンバー、お楽しみ下さい!
そう、彼はまだ現役活動中のようです。さすがに髪はさっぱりとピーター·バラカン風(どんなだ…)になりましたが(爆)。
ではどーぞ!



「In The Dark」(1981)


↓という訳で、「ハードライダーの美学」!どんなライダーだっ(笑)!



|

« The Band | トップページ | Nazareth »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/8604731

この記事へのトラックバック一覧です: Billy Squier:

« The Band | トップページ | Nazareth »