« Grand Funk Railroad | トップページ | Marbles ( Graham Bonnet ) »

2007年10月15日 (月)

Michael Schenker Group

今頃登場!マイケル・シェンカー!遅すぎ(爆)!
ようやくマイケル・シェンカー・グループのご紹介です。ご存知、UFOから失踪脱退後、自身のバンドを率いて復帰したのが80年。
折からのHM/HRの復権に乗って来日。武道館公演を大成功させて、ここ日本では特に大変な人気を誇りました。
スコーピオンズ在籍の兄、ルドルフのフライングVとはプレート類を逆にした白黒Vを股に挟んでメロディアス&強烈なソロを決めていく姿は「神」とまで比喩されておりましたな。
当伝ロックではUFO在籍時の動画を第2回目、というかなり早い時期にお届けしておりますが、勢いで始めた当ブログなために、なんだか大変失礼なコメントを付けた様な気が…(爆)。いづれ修正したい、と思っております(本当か?)。
現在も活動はしているものの、メンバーチェンジやマネージメントのトラブル、本人の急病、負傷、キレて帰る(爆)などのゴタゴタで、なかなか全盛期のような姿を見られないのは残念な限り。
そんなMSG、やはり故コージー・パウエル在籍時の81年がもっとも乗っていた時期といえるでしょうか。そんなこんなで、オランダでの81年のライブ映像をチョイスいたしました。
さて、これは有名な映像なのか…定かではありませんが。
で、曲はベタですが、「アームド・アンド・レディー」
ワルキューレーのテーマからなだれ込む黄金のオープニングです。当然!バンドでもコピーしてましたョ(笑)。
ボーカルのゲイリー・バーデンはライブになると??(爆)だったらしいのですが、当時発売された武道館ライブでは取り直しがされていて、真偽のほどは分からず。ですが今、それが確信に変わりましたね…。
はい、ドン!ご覧のような状況です(激爆)!
その後グラハム・ボネットやレイ・ケネディー、などボーカリストも変わっていきますが、なんだかんだ言ってゲイリー・バーデンが良かった、という人も多し。
私的には自分がそのポジションだったので、ギター・キーボードのUFO時代の盟友ポール・レイモンドがツボですが、エクスプローラータイプのベースを構えたクリス・グレンも激カッコイイです。
マイケル・本人も生き生きしてますね!ザンギリ頭も決まってます(爆)。
アメリカ留学の経験がある学生時代のバンドのギタリストがこう言ってました。
「アメリカにいた時のガールフレンドがさあ、こう呼んだんだよ。マイケル・スケンカー、ってね!あの時は笑ったなぁ。」…
アメリカン・ジョークでした(爆)!
それではどーぞ!



「Armed and Ready」(1981)



↓これは聞いておきましょう!なんだかんだ言っても名盤。

 


|

« Grand Funk Railroad | トップページ | Marbles ( Graham Bonnet ) »

コメント

こんなに元気でやる気のあるMS様を観るのは久し振りです。ヴァルキューレ~ジャジャーンの部分、日本公演ではチューニングが狂っててズッコケタらしいですw
バーデンさん頑張ってますね!ボネットやっさんも生はメロメロらしいので責めれないですねぇ・・・。KISSのジーンに曲がツマラナイと酷評されてましたが、この曲と「イントゥ・ジ・アリーナ」は名曲と思います。個人的には「ビジョー・プレジュレット」も好きですね。

投稿: g | 2008年2月17日 (日) 21時57分

>G さん

コメントありがとうございます!

曲がツマラナイって(笑)!!
いやいやどうして名曲揃いと思いますが…。
ゲイリー・バーデン。プロに対して頑張ってる、なんて言うのは失礼だと思いますが……頑張ってますね(爆)!

投稿: ふみにゃん | 2008年2月19日 (火) 01時46分

はじめまして。
大阪在住の45才の会社員で釣りバカです。どうしてももう一度聞きたい曲がありましてネットで色々探している間に貴殿の素晴らしいHPに辿り着きました。私が探してる曲は昔10年間も続いたラジオ番組「ビートたけしのオールナイトニッポン」の晩年に番組中のCM明けにたけしさんが喋る前に流れていたギターのインストゥルメンタル曲ですが、ジャンルとしてはハードロック系だと思います。ソロだったりツインギターだったりでしたが、ロックに造詣が深い貴殿だったらご存知かと思いご迷惑かと思いましたがメールしました。どうかよろしくお願いします。

投稿: Golden38years | 2008年10月 4日 (土) 20時30分

Golden38years  さん

コメントありがとうございます!

お探しのインストですが、私自身はあまり記憶がなかったのですけれど、ちょっと調べてみると日本人ギタリスト「松原正樹」の「PAINTED WOMAN」というアルバムが使われていた、との情報です。試聴できるサイトがないため未確認ですが、アルバムは名盤なので今でも入手可能。同様に当時スタジオミュージシャンとして名を馳せていたギタリスト、今剛とのグループ、「パラシュート」などでも活躍してました。ジャンルとしてはフュージョンだと思いますが、はたして!当たっているでしょうか…。

最近多忙なため更新も滞り勝ちですが(爆)、これからも覗きに来てください!

投稿: ふみにゃん | 2008年10月 5日 (日) 15時01分

早速のお返事ありがとうございます。
ご連絡頂いたアルバムを早速買いたいと思います。
まだインターネットが普及していない頃、リー・リトナーやラリー・カールトンなどフュージョン系は色々探しましたが見つからずあきらめていました。松原正樹氏と今剛氏は知りませんでしたので、てっきりロック系しかないと思っていました。これで小生の30年来の悩みが解けそうで嬉しくてたまりません。どうも早急に探して頂き、ありがとうございました。感謝感謝です。

投稿: Golden38years | 2008年10月 5日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/8423893

この記事へのトラックバック一覧です: Michael Schenker Group:

« Grand Funk Railroad | トップページ | Marbles ( Graham Bonnet ) »