« Joe Cocker | トップページ | America »

2007年11月17日 (土)

38 Special

80年代始めに数々のヒットを飛ばした38スペシャル。
当時のジャーニー、フォリナーらと並んで、いわゆるポップでキャッチーな売れ線、「産業ロック」と呼ばれておりました。
しかしその実態は…ツインドラムにトリプルギター、ギターボーカルのダニー・ヴァンザントは伝説のバンド、「レイナード・スキナード」のボーカル、故ロニー・ヴァンザントの実弟
そう、長髪・ヒゲ面(笑)、典型的なサザンロックバンドなのであります!
77年デビュー。81年頃より、ギターでリードボーカルもとるドン・バーンズ の楽曲を中心にポップ路線を打ち出してブレイクしたわけですが、とかく売れ線に走ると、やれ魂を売り渡しただの、非国民だの(笑)、言われますがどうなんでしょうか。
私的には多感な時期(?)を過ごしたというひいきめの80年代、一部の亜流グループを除いて、しっかりとバックボーンを持ったバンドが飛ばしたヒットソングは十分名曲として良いと思っております。
レコードではキャッチーな38スペシャルですが、ライブともなると一変!
ツインドラム、トリプルギターを最大限に発揮した南部魂あふれるド迫力 のパフォーマンスを展開する、という…。
その割り切り方が最高なんですねぇ!
なんだかんだ言ってハードロック不調の時代にサザンロック界を牽引してましたから、やはりその功績は大きいでしょう!
しかし、このツインドラムというのはいいですね
この手のバンドにツインドラムというのは結構あったのですが、38 Specialの場合、2人でまったく同じ事をするという
まあ普通に考えたら同じ事するんだったら一人でもいーじゃん、と思いそうなもんですが、そこがアメリカ。
「一人よりも二人のほうが迫力あってよかんべー」
的な考え方なんですね(笑)。結構好きですその考え方(笑)。
実際ライブはもとより、スタジオ盤でもかなりその音圧、を感じる事が出来ます
91年に一度解散、97年に再結成してからはシングルドラムになってますので、むしろそうなって初めて物足りなさを感じましたね。
さて動画はアルバム「サザンボーイズ」から「ホールド・オン」をお届けいたしましょう。
元気一杯のステージ、お楽しみ下さい!



「Hold On Loosely」(1981)


↓アルバムとしてはヒットチューンの多いこちらをお勧めします。出たぜ「産業」やったぜ「商業」!でも大好き(爆)!


|

« Joe Cocker | トップページ | America »

コメント

投稿後約4年たってからの
コメントですが・・・
しかも、初デス・・・

ドンさんって、見かけとぜんぜん違って
きれいな声ですよね。。。

大好きだったんですけど、どーしても
トリプルギターってのに違和感がありました・・・
たしかに3台なんですけど(笑)

見かけと違ってといえば、Steven Seagalさんの
声もアクション映画より、ぜったい歌向きかと。。。
Seagalさんのギターって個人的にはかなり好きデス。

投稿: junnir | 2011年7月 7日 (木) 02時22分

>junnir さん

はじめまして!コメントありがとうございました!
見かけと違って、って事はよくありますよね(笑)。
クリストファー・クロスやアーロン・ネヴィルあたりも。

サザンロックのトリプルギターっていわゆる3声のハモりっていうのは少ない感じがしますので、あんまりそれを売りにするのもどうか、と思う時もあります。
ごもっとも!

スティーブン・セガールさんのアーティスト活動の事はよく知らなかったのですが、指弾きのギターといい、いや、なかなか凄い。
情報ありがとうございました。
またのコメントお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2011年7月10日 (日) 14時18分

お初にお邪魔致しますm(__)m

本日、38スペシャルをアップしまして・・・
やって参りましたぁ!
ロックバンドってキャッチーになると、
ホント、言いたい放題言われちゃいますよねぇ?
今回久々に振り返って聴いたんですが、
めちゃくちゃかっこいいのにびっくりしてます!
全然キャッチーで問題ないし、
ライヴではヘヴィにさえ聴こえるし・・・。
でもこういうことって、後で振り返って初めて
感じる、分かることなのかもしれませんね。

またお邪魔させて頂きます。
よろしくお願いしますm(__)m

投稿: のぶそうる | 2011年8月20日 (土) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/8956191

この記事へのトラックバック一覧です: 38 Special :

« Joe Cocker | トップページ | America »