« Hanoi Rocks | トップページ | Saxon »

2007年11月 7日 (水)

Blondie

いやあ!すんごい動画発見!ってことで、ブロンディーです!
今回はまず動画の説明、しちゃいましょう。76年デビューのブロンディーはセクシーなボーカル、デボラ・ハリーを売りにして、78年に初来日を果たしました。その時のテレビ出演の映像なわけです。
きわどいカメラアングルや、チアガールにツイストを踊らせるなど、いかにも!という演出、極めつけは若き日のキンキンが登場!というあたり、「11PM」かなにかでしょうか!!
画質は最悪でごめんなさいですが、実に貴重な映像ですよ!これ。
80年代に「コール・ミー」や「夢見るNO.1」などの大ヒットを連発する ブロンディーですが、そのスタートはニューヨークパンクのメッカ、クラブCGBG'sでのパフォーマンス
テレビジョンやラモーンズ、パティ・スミスなどを生み出したこのクラブからの最後のメジャー・デビュー組ということですが、デボラ・ハリー自身は66,7年頃からすでにキャリアをスタートさせていて、ブロンディーでの大活躍は30代。
年齢のことを話題にするのははなはだ失礼ですが、この辺、プリテンダースのクリッシー・ハインドに通じるところもあるかも知れません。
ご存知のように彼らの売りは実に幅広い、ポップでキッチュな音楽性にあったのは言うまでもありませんが、デビュー直後はそのスピーディーな演奏から確かにパンキッシュだった、ともいえます。
で、またその動画の話ですが、この78年頃というのは本格的にブレイクする直前。当時の記録をひもといても客席はガラガラ、演奏もヘタだったらしく、早過ぎた来日と言われていた様です。
たしかに勢いはありますが、荒っぽいですね。
曲はデビューシングルの「X-オフェンダー」。
曲の途中でデビーがひざまづいて手をエーックス!とするお約束のアクションも決まってます(笑)!
さらに途中で切れてますが、「夢見るキッドナッパー」も演奏されています。
全盛期の動画はプロモを含めて出まくってますから、たまにはこういのも良いかも(笑)。
セックスシンボル、なんて言われていたデボラ・ハリー。
マリリン・モンローを意識したビジュアルなどは後のマドンナ辺りにもかなり影響を与えたはずですが、私的にはちょっと苦手なタイプですね…って誰もお前の好みなんか聞いてねーよ!って怒られそうですね(爆)。失礼(笑)!
メンバーの病気のため 82年に一度解散したブロンディーですが、 98年に再結成。
現在も活動中であります。
かく言うデボラもなんと62歳!水前寺清子と同い年(爆)
さすがに数年前までは痛々しい感じでしたが、最近シワ取り整形して(本人がそう言ってます…)精気を取り戻したご様子。
凄まじいアーティスト根性!頭が下がります。
それでは若き日の貴重な映像をどーぞ!



「X-Offender」(1978)


↓ベスト盤で行きましょう(笑)!いかにヒットが多かったを再認識できます。


|

« Hanoi Rocks | トップページ | Saxon »

コメント

いや~。。。すごい動画ですねぇ。。。
わたしは82年の武道館ドタキャン以来
ずーっと再結成を待ち続けて、25年後の
2007年にやっとライブに行くことができました。
野外フェスではなくて、渋谷の方です。
運良く、No.1のチケットで最前列で見れましたが・・・

デビーさんは、昔より今の方が暴走気味じゃないですか?
あんまり話題にはならないかもですが、クレムさんの存在は
とっても大きい気がします。。。

投稿: junnir | 2011年7月 7日 (木) 03時03分

>junnir さん

コメントありがとうございます!
一番のチケットで入場、素晴らしい!!
年数を経てもなお暴走し続けるデボラ(笑)。
クレム・バークの功績は間違いないところだと思いますよ。
数少ないオリジナルメンバーとしての演奏的、精神的屋台骨としての存在は大事でしょう。
エルビス・ラモーン名義でラモーンズにも居たことあるし!とは言ってもたった2回のライブのみですが…(爆)。
またのコメント、お待ちしております!


投稿: ふみにゃん | 2011年7月10日 (日) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/8792012

この記事へのトラックバック一覧です: Blondie:

« Hanoi Rocks | トップページ | Saxon »