« The Moody Blues | トップページ | Daryl Hall & John Oates »

2007年11月28日 (水)

The Velvet Underground

おそらくロック界で世界一有名なアルバムジャケットでしょう。いわゆる「バナナジャケ」
ヴェルベット・アンダーグラウンド&ニコの名義で発表された67年のデビューアルバムであります。
私ごときが語るには全くもって役不足なことを承知の上でお話いたしましょう(爆)。
60年代、ニュヨーク・ポップアートの奇才、アンディー・ウォーホールのプロデュースによるこのアルバム、当然ジャケットアートも彼の手によるもの。
発売当時はバナナの皮がシールになっていて、ペロッとむけるようになっていました。変形ジャケットとしても非常に有名でしたね。
ヴェルベッツ自体は65年にルー・リードとジョン・ケールに結成されておりましたが、前述のアンディー・ウォーホールが当時行なっていたアートと音楽などを融合したイベントに彼らを参加させるに当たってモデル出身のニコをあてがった、という事のようです。
とにかくそこで歌われたテーマはドラッグ、同性愛、SMなど文字通り「アンダーグラウンド」な世界。
実際その当時は商業的にも全く成功しなかったのですが、後に歴史的名盤と言われるようになったのは、その後のアーティスト達に与えた影響からでしょう。
グランジ、オルタナティブ、ひいてはパンクの連中にいたるまで、その影響を口にし、現在ではビートルズの「サージェント~」に匹敵する影響力をもつアルバムだ、という人もいます。
「ドラッグ・クイーン」の異名をとったニコはアルバム1枚で離れ、セカンドはさらにノイジーに、ジョン・ケールが脱退後、ルー・リード中心に制作されたアルバムは一転してリード色の濃い叙情的な作品へと変化。実質4年ほどで解散となったわけです(その後の再結成もあり)。
私的な印象ですが、やはり「ダーク」なサウンドのバンドだったという感じ。演奏もドタドタしていて(失礼!)決して上手いとはいえないのですが、素通りできない居心地の悪さ、とでも言いましょうか、インパクトは感じましたね。
ここでハマルかはまらないかで、その後の音楽的嗜好はかなり変わったものと推測されます。
残念ながら私はそっちの世界へは行きませんでしたが…(爆)。
さて動画ですが、正直申しまして、まともなものがない!当時の状況を考えれば当然といえば当然なのですが…。
バナナアルバムから「毛皮のヴィーナス」をお届けいたします。収録時間も短く、ほとんど何をやっているかわからない状況ですが、クネクネ踊るダンサーといい、実に「地下」なイメージが漂っておりますな…当時のライブの様子を伺い知ることが出来ます。
ルー・リードについては、また改めてご紹介しなければなりませんな。
それではどーぞ!



「Venus in Furs」(1967)


↓好むも好まざるも(爆)、一度は聞いてください!



|

« The Moody Blues | トップページ | Daryl Hall & John Oates »

コメント

今も愛聴しております、但しカセットに吹き込んだ3曲だけ。英語が解らないので音楽だけでいえば、とてもいい曲。ルー、リードのスイートジェーンがいい。とにかく古いロックなので今聞くと、ヘタウマロックに聞こえる。

投稿: あかつき | 2009年5月 3日 (日) 16時50分

>あかつき さん 

コメントありがとうございます。
バンドがデビューした経緯をみても、特殊なバンドですよね。
その存在の大きさの割には現在メディアその他で取り上げられるケースが極端に少ないのが気になりますね…。

投稿: ふみにゃん | 2009年5月 5日 (火) 07時52分

4年前にベルギーのブリュッセルでジョンケイルのライヴに行ったんです!
僕がその時住んでいたアパートにあったCDを見て知人が、
「ジョンケイル好きなの?明日ライヴあるよ?」
って。
このVまでではありませんが、なかなかの雰囲気でした!

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月 4日 (土) 00時20分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
いやあ、うらやましい!!
海外ってこういう事があるから凄いですね!
ってそんなしょっちゅうはないか…(爆)。

でもジョン・ケイル、まさしく伝説の人ですからね…。
最近の映像見ても、もう体中からなんとも言えないオーラが出てますものね。

投稿: ふみにゃん | 2009年7月 6日 (月) 10時32分

そういえばルクレチアってヴェルヴェットのムードありすぎてヤバいくらいですよね。w

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月 6日 (月) 20時56分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
そうですね!確かにそんなムードありました!
ライブ観戦以外でも飲みに行って見たい場所でありました。

補足説明(笑)

ルクレチア は浜松にあるライブハウス&ロック・バーであります。

投稿: ふみにゃん | 2009年7月 9日 (木) 07時23分

浜松にある某ロックバーにヴェルヴェット・アンダーグラウンドのレコードが飾ってあり、
動画があったら見てみたいと思いこちらに来たのですが、さすがです!!!

しかも、ココロさんもやっぱり来ている(笑)

この動画いいですね~。
まさにアンダーグラウンドですね~。

投稿: ロニー | 2011年2月23日 (水) 18時58分

>ロニー さん

どーもです!
そのロックバーはルクレチアですよね(爆)?
すでにここのコメントで話題になってますが…w。
そう、そう言えばまだルー・リードをやってないぞ…。
またのコメントをお待ちいたしております。

投稿: ふみにゃん | 2011年2月24日 (木) 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/9145555

この記事へのトラックバック一覧です: The Velvet Underground:

« The Moody Blues | トップページ | Daryl Hall & John Oates »