« Tom Robinson Band | トップページ | The Stooges ( Iggy Pop ) »

2007年12月 9日 (日)

Meat Loaf

ロック界きっての巨漢ボーカリスト、ミート・ローフ。
なにやら美味しそうな感じの名前ですが(笑)、俳優としても活躍している彼は69年のデビュー。
77年のアルバム、「地獄のロックライダー」は現在まで、なんと全世界で3.500万枚の売り上げだそう。
それだけの伝説的ロックアーティストにもかかわらず、英米に比べてここ日本では、ほとんど一部のロックファンにしか知られていない、という事実!その事の方が驚きかも(笑)。
もちろん、ミートローフ自身の存在感も大きいはずなのですが、このモンスターアルバムを稀代の名盤たらしめたのは、ミュージカルやサントラなどで有名な作曲家、ジム・スタインマンが作曲コンポーズして、ミュージカル仕立ての一大ロック・オペラを作り上げた所にあります。
ピアノバックの静かなパートから、これでもか(笑)と盛り上がる大袈裟で仰々しい長尺の楽曲
しかしながら、キャッチーな歌メロで一気に聞かせる痛快さは、なんともいえません。
もっと言ってしまえば、ジム・スタインマンのアルバムで、ボーカルがミート・ローフ、ぐらいの感覚(爆)でしょうかねぇ。
まあ、このわざとらしさと、ミート・ローフの暑苦しさ(失礼)は、なかなか、わが国では受けないのもうなずけますが(笑)。
しかしまあ、いつからでしょうか、ストレートで大真面目なことが「かっこ悪い」とか「ダサイ」とか言われるようになったのは…。
元来日本人はこう言った路線を受け入れる土壌はあるはずなんですよ。
古くは水戸黄門や金さん、グループサウンズ、大映テレビ製作のドラマなど、なんだかんだ言いながら好きなはずですし、韓国ドラマが流行っているのも日本人が忘れかけた何かがあるからではないか、などと勘ぐっちゃいます(笑)。
そう、余談ですが、大映テレビのテーマソング、椎名恵の「今夜はANGEL」などもスタインマンだったかも。
あの大袈裟加減はピッタリですよね…(爆)。
「自分に正直たれ!日本人。」
あ、失礼(爆) えらい脱線しましたが動画です(爆)。
そのミート・ローフの出世作、「地獄のロックライダー」より、「ユー・トゥック・ザ・ワーズ・ライト・アウト・オブ・マイ・マウス」をご紹介いたしましょう。なかなか古いライブがなく、画質も最悪ですが、お許し下さい
この曲、シングルでもヒットしたナンバーですが、アメリカンロックの王道的楽曲。
ライブでは導入のセリフの部分、キーボードのジム・スタインマンと一緒に客席も「イエス!」と叫ぶのがお約束(笑)のよう。
ちなみに強力な歌唱力を誇るミート・ローフですが、昔のライブ映像を見ておりますと、案外音程が怪しい模様…(爆)。まあ、滅多な事は言えませんが…。
それから忘れてならないのが、このアルバム、「地獄のロックライダー」はスタインマンと共に、我が心の師匠(爆)トッド・ラングレンのプロデュースとなっております。
この頃のトッドは自身のバンド、ユートピアも絶好調な頃で、大袈裟路線はお手の物、と言ったところでしょうか。
随所にトッドとおぼしきアグレッシブなギターが聞けますし、ユートピアのメンバーも参加しています。恐らく彼が手がけたアルバムでは一番売れた作品でしょう!
さてミート・ローフはその後スタインマン本人とゴタゴタもあったりして、低迷しますが、16年の月日を経て「地獄のロックライダーⅡ」が、そして今年「地獄のロックライダーⅢ」がリリースされています。
第二弾以降ジム・スタインマンは主に作曲家としての参加に留まっているようですが、いづれも大ヒットしているようです。
それでは若き日のミート・ローフの暑いライブ、あ、いやもとい(笑)、熱いライブをお楽しみ下さい!



「You Took the Words Right out of my Mouth(Hot Summer Night)」(1978)



↓なんとこれだけの名盤なのに現在廃盤となっ(笑)!大丈夫なのか日本人!(爆)。必聴盤!


|

« Tom Robinson Band | トップページ | The Stooges ( Iggy Pop ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/9322960

この記事へのトラックバック一覧です: Meat Loaf:

« Tom Robinson Band | トップページ | The Stooges ( Iggy Pop ) »