« The Stooges ( Iggy Pop ) | トップページ | Rockpile »

2007年12月16日 (日)

The Shocking Blue

私はこの曲でSUS4(サスフォー)のギターコードを知りました(爆)。
70年初頭の大ヒット曲「ヴィーナス」。伝ロック名曲館でのご紹介です!
「ジャジャンジャジャンジャジャンジャジャーン」という印象的なギターのイントロ。
演奏していたのはオランダのバンド、ショッキング・ブルーであります。ギターのロビー・ファン・レーベンが中心になって結成、67年デビュー。
出世作となったこの「ヴィーナス」は、英米でヒットチャートの1位に輝くも、以外や本国オランダでは3位止まりだったとか。もちろん、その他にも「悲しき鉄道員」や「マイティー・ジョー」など74年頃まで数々のヒット曲を出しております。
特に「ヴィーナス」は80年代にバナナラマが、日本では長山洋子がカバーしたり(演歌になる前ね)と、まさに名曲と言えます。
特に冒頭でもふれたギターのカッティングをはじめ、ほとんどの楽曲をコンポーズしていたギタリストの  ロビーはタダ者ではないですね。この曲のソロも、サラッと難しいんですよ!
この人達の使用で有名なのが、ダンエレクトロというメーカーのロングホーン(角)と呼ばれているギターです。ギターは31フレットもあって、ボディが大きくカットされている、という、いわばキワモノ系の楽器。どうもその印象が強いですね。
それで、なんといってもボーカルのマリスカ・ペレスでしょう(笑)!どこかエキゾチックな顔立ち、そのハスキーヴォイスにしびれちゃった殿方も多いのでは(笑)。
有名曲なので、当て振り系のプロモや、テレビ映像は色んな所で見ますが、果たして、生演奏はどうだったのか?ライブにこだわる伝ロックがチョイスしたのは、ベルギーでのジャズフェス出演時のもの。
レコードでは印象的なエレピの音が聞こえますが、このバンド、基本はスリーピースなので、マリスカを含む4人だけの映像となっております。
で、どーですか!結構ドライブ感があってカッコいいですよね!マリスカのボーカルも迫力があります。
ここでベースのクラーセ・ファン・デア・ヴァル(なんつー言いづらい…)が弾いているのが、ロングホーンってやつです。
その後も元気に歌っていたマリスカですが、ちょっと見ない間に太ったなーとか思っていたら2006年に亡くなったそう。残念ですねぇ…。
そうそう、私的にこのバンドのサウンドを聞いていると、某(笑)ラブ・サイケデリコとかを思い出しちゃいます(爆)。美味しいところ、狙ってますね。
それではノリノリでお楽しみ下さい!



「Venus」(1969)


↓ヒット曲多しのショッキング・ブルー。ベスト盤で決まり!


|

« The Stooges ( Iggy Pop ) | トップページ | Rockpile »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/9423168

この記事へのトラックバック一覧です: The Shocking Blue:

« The Stooges ( Iggy Pop ) | トップページ | Rockpile »