« The Jam | トップページ | The Rutles »

2008年1月18日 (金)

The Animals

ウーッ! アニマルー!(古っ!)ってことでアニマルズです(爆)。
アニマルズと言えば、「朝日のあたる家」が超有名曲
ぜひ「伝ロック名曲館」で、と思ったのですが、実はテレビショーでの映像はいくつかあるものの、この年代のことです。ほとんどが当て振り(笑)ということで、ここは一発、私のこだわりで、彼らの生演奏が楽しめる、ジョン・リー・フッカーのカバー・ナンバー、「ブーン・ブーン」をお届けしましょう!
アニマルズは63年結成のイギリスのバンド。ブルースに根ざした音楽性と、ボーカルのエリック・バードンのソウルフルな歌唱が持ち味。シングルヒットとしては、前述のアメリカン・トラッド・フォークの「朝日のあたる家」や「悲しき願い」などのポップな曲が並び、当時のビートルズとならんで、大人気となって、いわゆるブリティッシュ・インベンションを形成したわけです。
66年に一度解散するも、ボーカルのエリックを中心に、「エリック・バードン&ジ・アニマルズ」名義で活動。解散、再結成を繰り返しながら、なんと現在もその姿を見ることができるのであります。
そう、ポリスのギタリスト、アンディー・サマーズが68年の来日時、メンバーとして参加していたとかいう話もあります(ただ、この時は来日中に解散したらしい…)。
動画の話に戻りますが、この65年のライブ、あの、ウェンブリー・スタジアムでのライブ。当時の音響システムを考えると驚異的ですね(笑)。実は同じライブのテイクで「悲しき願い」もあったのですが、「どーしちゃったの?」ってな感じ(失礼)の演奏(爆)。
それに比べると、この「ブーン・ブーン」はやはり彼らの得意なブルースナンバーという事もあって、立つわ座るわ(笑)の実に勢いのあるパフォーマンスで好感が持てます。
アニマルズの醍醐味はなんといってもオリジナルメンバー、アラン・プライスのダイナミックなオルガン。この動画でも存分に堪能することが出来ますよ!
それではアニマルズの生演奏、どーぞ!



「Boom boom」(1965)


↓ヒットの多いアニマルズ。ベスト盤がいいでしょう!この「~のすべて」というタイトルが泣かせます(笑)。



|

« The Jam | トップページ | The Rutles »

コメント

アニマルズのアランと言えば僕にとって、
フェイム&プライス名義の「together」というアルバムです。

ジョージィフェイムといえば、あのカブト虫のI feel fineを押さえて
英チャート1位を奪った「yeh yeh」ですね!!!
当時のmod達のアツさが伝わってくる様な、クラブ感溢れる映像をチョイスしました♪

それではどうぞ!Georgie Fame!!!!!!!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.youtube.com/watch?v=tUOkYeG1b3E

あ、アニマルズの話だったのにジョージィにすり替えて、
更にふみにゃん先生のポジションをやってしまいました
すみません。www

今年はジョージィのデビュー50周年だそうで、9月に東京丸の内コットンクラブで
息子達をバックバンドに従えて演ります!

僕は行きます!だってmodだもん!

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月26日 (日) 07時36分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
OK! OK! ついやりたくなっちゃいますよねぇ(笑)。
ご紹介の動画もいい雰囲気でした!
ジョージィ・フェイムは凄いですよね。
バリバリロックな印象はないですけど、実にスインギーでスタイリッシュ! 現役ですし。
しかも見に行かれるとは!さすがココロさん、筋金入ってらっしゃいますね!
しかもバックが息子達とな。
うーん、素晴らしい。

私的にはフェイム&プライスがとても興味深いですね…。
いずれ取り上げたいと思います!


投稿: ふみにゃん | 2009年7月27日 (月) 00時41分

私は、Tony Liddle Band Japan Fan Pageを開設している「Haru!」と申します。突然失礼します。THE ANIMALSを検索し辿りつきました。

実は、このTony Liddleは、THE ANIMALS(正確にはHILTON VALENTINE'S THE ANIMALS/TONY LIDDLE'S THE ANIMALS)の時期(2001年前後)に加入し、一応、音源(TONYのHPからDownlord購入で入手可能でしたが、現在は閉鎖中)もあるんです。

私は、彼に直接メールでお願いし、THE BESTとLive in Kiev(2CD)を購入し所有しています。

バードン時代の灰汁はありませんが、技巧派で器用なTONYは見事にTHE ANIMALSの曲を歌っています。

もし興味があるようでしたら、URLからTONY時代のTHE ANIMALSのアルバム評を書いているのでご覧ください。

お邪魔しました。

投稿: Haru! | 2011年3月 1日 (火) 16時43分

>Haru! さん

はじめまして。コメントありがとうございます!

HP、お邪魔させていただきました。トニー・リドル、改めて色々な情報を知りました。しかもmixiにコミュをお持ちとは!
STRANGEWAYS TYGERS OF PAN TANG、パット・スロールとの活動については私も大変興味のある所です。
今度またじっくり追ってみたいと思います。

またのコメントお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2011年3月 3日 (木) 08時05分

ご覧になって戴きありがとうございます。
Tonyは、90年代にFOREIGNERのVocal候補にもなったんですが、他の仕事(ミート・ローフらしい)があり無理だったそうです。

今は、新作の録音とライブを行っています。

投稿: Haru! | 2011年3月18日 (金) 10時34分

>Haru! さん

コメント返信が遅くなりましてすみません…
そうだったんですか!
フォリナーに入っていたらどんな風になっていたのでしょうか!
またミートローフにどんな形で関わっていたのか気になる所でもあります。
またの情報コメント、よろしくお願い致します!

投稿: ふみにゃん | 2011年3月23日 (水) 22時34分

>ミートローフにどんな形で関わっていたのか気になる所でもあります。


ミート・ローフのバック・シンガーの仕事らしいです。

投稿: Haru! | 2011年3月31日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/9944636

この記事へのトラックバック一覧です: The Animals:

« The Jam | トップページ | The Rutles »