« The Jeff Healey Band | トップページ | The Animals »

2008年1月13日 (日)

The Jam

ポール・ウェラーと言う男がおります。今回はザ・ジャムのご紹介!
77年デビューのザ・ジャム。パンクロックの波にのって登場したこのバンドは当時イギリスでも絶大な人気を誇っていました。
伝ロックでも再三同じ話が出て恐縮なのですが、当時一把ひとからげで語られていたパンクバンドは厳密に言えば様々な個性を持っていて、一つの枠に収めるのはどだい無理だったと言えるでしょう。
ザ・ジャムの場合、登場当時の荒っぽさこそパンクチックと言えるものの、そのファッション、音楽スタイルはまさにネオ・モッズ
ザ・フーやスモール・フェイセズなどの影響が色濃く見られ、そのモッズをタイトルに据えた 78年のサードアルバム、「オール・モッド・コンズ」は大ヒットを記録しています。
ポール・ウェラーの凄い所はその飽くなき音楽への探求心
ザ・ジャムもその後はR&Bをはじめ、様々な音楽を吸収。
ラストアルバムとなった 82年のアルバム「ギフト」ではホーンセクションを導入するに至るなど。
そしてその流れから 83年のミック・タルボットとのユニット「スタイル・カウンシル」での世界的ヒットや、現在のソロ活動へとつながっています。
ここまで書くと実に順調に見えるポール・ウェラーの活動ですが、実際はかなり出入りの激しいキャリアだったと言えます。 
音楽性を大きく変えて行く、ということは、それまでの支持者や評論家から批判される可能性も高い、ということ。
のちのスタイルカウンシル時代にいたっては、アルバムの発売をレコード会社側から拒否されたり、といった事もあったのでありましたし、ソロになって最初は日本でしかリリースされなかったり。
私的にポール・ウェラーの印象、といいますと、いかにも「イギリス青年」!と言ったたたずまいと、シニカルな生真面目さ(笑)、とでも言うのでしょうか、ロックミュージシャンなのに、ミョーに「堅い」印象があったりします。
時に極左的な言動があったり、なんて事が影響しているのかもしれませんが…。
ただこの社会に物申して行く、という姿勢は一貫したものであり、スタイルカウンシル時代でも、サウンドこそお洒落な印象だったものの、歌詞は結構政治的な部分が多々あったのも事実。
あー、すっかりポール・ウェラー個人の話になっちゃいましたが(爆)、ベースのブルース・フォクストンもかっこいい(笑)。
彼が後期に与えた影響も大変大きかったりしますね!
さて動画、行って見ましょう!
やはりもっともジャムらしい姿と言えば初期。
フロントのポールとブルースが揃いのリッケン・バッカーでピョンピョン飛び跳ねながら(笑)ハーモニーを決める姿ですかね。
マーク・ボラン・ショーに出演時の映像!Tレックス、マーク・ボランのMCぶりもご注目です(笑)!
曲はファースト・アルバム「イン・ザ・シティー」発売後のシングル、「オール・アラウンド・ザ・ワールド」。 演奏の終わり方も、「いかにも」って感じで笑ってしまいますが、そこがまたカッコいい(笑)。彼らがオアシスなどの後進のUKバンドに大きな影響を与えたのもうなづけますなぁ。
そう、日本のビート系ミュージシャンの中にも、初期からの根強いファンが多く、ジャムの楽曲のタイトルを見ていると、「おやおや~」なんてのがたくさん見受けられますね(笑)。
それではどーぞ!



「All Around the World」(1977)


↓次作「セッティング・サンズ」をベストに上げる人も多数。名盤!



|

« The Jeff Healey Band | トップページ | The Animals »

コメント

昨年、サマソニで初めて見ました、ウェラー。
一昨年からしばらくあの髪型してたので本物はどんなんかと思って。w
jam時代のeaton riflesとtown called malice演られちゃいました!!!
で、その直後僕のアイドル「n.g.three」がalbum出しまして、カヴァーが一曲
「town called malice」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月10日 (金) 23時23分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
本物とご対面(笑)!
でもやっぱりカッコいいっすねーポール・ウェラー。

最近の若いバンドにはあまりなびかない私ですが、マクフライというバンド(笑)が「town called malice」をやってて、おう、なかなかやるじゃん!と思いました(爆)。
やたらカバーの多いバンドだけど(笑)。

新井さんはさすがですね(笑)。

投稿: ふみにゃん | 2009年7月12日 (日) 15時17分

リッケンベースってカッコイイですよねー。

実はすごい欲しいんです!!

ベース弾けないのに(笑)

最後はスティックが折れちゃったんでしょうか?

今度、あの終わり方やってみたい(笑)

すごいカッコイイと思う!!

投稿: ロニー・ナイローラー | 2009年10月31日 (土) 18時00分

>ロニー・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
なんかスティック飛ばして新しいの取ろうとしたら終わっちゃった、みたいな(笑)。
彼らだとこれも様になったりしますが、我々レベルだとどう見ても失敗しました、的感じになっちゃいますなぁ…(爆)。

リッケンのベースはカッコいいですよね。
私も欲しい。使う機会無いけど(笑)。
浦 さんもリッケンだしね!

投稿: ふみにゃん | 2009年11月 1日 (日) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/9858859

この記事へのトラックバック一覧です: The Jam:

« The Jeff Healey Band | トップページ | The Animals »