« Peter Green's Fleetwood Mac | トップページ | The Nice (Keith Emerson) »

2008年2月 5日 (火)

Chase

ンッ!パー、パーパパラッ!
トランペットの印象的なフレーズで有名な「黒い炎」のヒットを持つバンド、「チェイス」
当伝ロックでも紹介済みの、シカゴやBS&Tらと共に、ブラスロックと呼ばれていたジャンルであります。
ジャズのビッグバンドで活動していたトランペットのビル・チェイスを中心に71年にデビューした彼らの特長はその管の構成
通常ブラスセクションはトランペットはもとより、サックスやトロンボーンなどの混成になるパターンが多いのですが、彼らの場合はトランペットのみ4人と言う変則的なもの。
高い音ばっかり出るわけですから、それはそれは攻撃的かつアグレッシブ。明らかに他のバンドとは違ったテイストでした。
日本でも誰しもが聞き覚えがあるほどヒットした「黒い炎」ですが、なぜかチェイスについては、他の二つのブラスロックのバンドに比べて今一つ認知度が低い感じがします。
きっとそれはその活動期間が短い形で終わらざるおえなかった点からでしょう。
74年、3枚目のアルバムを発表してツアーに出ていた8月、飛行機事故によって中心人物のビル・チェイスを含む主要メンバー4人が犠牲となってしまったのです。
まさしく悲劇
当然のごとく、動く姿はなかなか見ることは出来ませんが、動画、発見いたしましたよ!
本当は「黒い炎」を、と言いたい所ですが、曲はサードアルバム、「復活」から「ラン・バック・トゥ・ママ」であります。
「復活」のリリースパーティーを収めた映像で、あまりしっかり録画されたものではないようですが、DVDリリースもされている模様。
実の所、デビューアルバムとセカンドまでは、ギリギリブラスロックの枠でよいのですが、このアルバム「復活」では、よりジャズに回帰した内容
しかもメンバーもビル以外は一新
ともなればこのライブをバンドとしての「チェイス」と呼んでいいものなのか微妙ではありますが…。
この後間もなく帰らぬ人となったビルですが、このまま活動を続けていれば、クロスオーバー、フュージョンという方向へ進んでいったのかもしれません…。
では貴重な映像です。どーぞ!



「Run Back To Mama」(1974)


↓やはりお勧めはデビュー盤、「追跡」。って言うか、これしか国内盤での入手不可…。動画曲収録のサード・アルバム「復活」はセカンドの「ギリシャの神々(エニア)」とのコンピ盤が出ております。


|

« Peter Green's Fleetwood Mac | トップページ | The Nice (Keith Emerson) »

コメント

https://www.youtube.com/watch?v=sykv_y9EYBg

YouTubeにありました。

当時のオリジナルメンバーですよね。

当時はポップなロックとして聴いてたけどあらためて聴くといいねえ。

投稿: アトム | 2016年4月19日 (火) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/10265164

この記事へのトラックバック一覧です: Chase:

« Peter Green's Fleetwood Mac | トップページ | The Nice (Keith Emerson) »