« Deep Purple (3期) | トップページ | Graham Parker & The Rumour »

2008年3月 9日 (日)

Cheap Trick

チープトリックです。
今から1年ほど前に78年の武道館ライブをご紹介したのですが、しっかりガードがかかってしまったので(爆)、改めて79年、ドイツのロック・パラストでのライブ映像をお届けいたしましょう!今回の曲は私の個人的に大好きだった曲、「甘い罠」であります!
チープトリック、私的にも一生懸命バンドでコピーした覚えがありますねー。とにかく曲が良かった。
当時日本のファンから火がついたバンドは多かったですよね。クイーンやボンジョビもそう。でもルックス優先ながら非常に音楽性が高かったですよね。確かな耳を持っていた、ってことでしょう。
チープトリックはロビンとトム&リックとバン・Eの2人のイケ面&コミカルな対比がおかしかったですね。キャラが立ってるって言うんでしょうか。
リックは5ネックギターや人型(自分型?)ギターなどを駆使。ギターコレクターとしても有名ですよね(その割りにソロは少なめ…)。
それからトムの12弦(!)ベース。これは衝撃的でしたね。
サウンドも何ともいえない分厚い音でした。(トムが脱退していた時のベーシスト、ジョン・ブラントも12弦を弾かされてました) とにかくカッコよくて当時本気で買おうと思ってましたもの。売ってませんでしたが…(当たり前か)
話は変わりますが、私、トッド・ラングレンのファンなんですが、彼がプロデュースした、低迷期(笑)の83年のアルバム「ネクスト・ポジション・プリーズ」が私のフェイバリットアルバムなのであります。
いわゆるスカスカのトッドサウンドになってるのですが、これが良かった…!YouTubeでその時期の動画も見ましたが、アルバム通りの演奏で感動しました。
それでは日本に比べると拍子抜けするほど静かな客席(爆)、その分演奏がよく聞こえますよー(爆)!どーぞ!

筆者注)
(この記事は07年1月28日に書いた記事に加筆修正を加えたものです。)


「I Want You To Want Me」(1979)


↓武道館ライブは我々世代のバイブルダーっ!(伊藤セーソク風に)(笑)

|

« Deep Purple (3期) | トップページ | Graham Parker & The Rumour »

コメント

毎度ですっっっっ!
そういえばここにカキコするのすっかり忘れてました。。。。(反省)
パワーポッパーにとっての神、それ以上でもそれ以下でもありません!
ロックパラストって誰やっても静かですよね。w
客席の都合上立ち上がれないから盛り上がらないんですかね?

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年8月 8日 (土) 18時47分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
いやー、ふと気が付くとずっと2位をキープしていたザ・クリエイションがすでにランク外に…(爆)。

本文でも書きましたが、我々世代にはロックへ誘ってくれた大事なバンドです。
パワーポップ好きはこの辺から来ているのかも。

ロック・パラストは貴重な映像の宝庫で重宝してるんですがねぇ。
国民性(爆)?
違うな…(笑)。

またのコメントをお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2009年8月 9日 (日) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/5109435

この記事へのトラックバック一覧です: Cheap Trick:

« Deep Purple (3期) | トップページ | Graham Parker & The Rumour »