« Nils Lofgren | トップページ | Cheap Trick »

2008年3月 9日 (日)

Deep Purple (3期)

マニアックなところが続きましたので(笑)、大御所行ってみましょう!ディープ・パープル、第3期!
1期と4期に続いて、3度めのご紹介です。
68年にデビューしたディープ・パープルはアート・ロック、プログレ・ハードの第1期を経て、70年の「インロック」アルバムからHR/HMの代表格として、第2期に頂点を迎えます。
が、御大リッチー・ブラックモアとの確執から、ボーカルのイアン・ギランがベースのロジャー・グローバーと共に脱退、バンド存続の危機に。
しかしバンドはベース・ボーカルとしてトラピーズからグレン・ヒューズを、また、当時はまだ無名だった、デイヴィッド・カヴァーデイルをメイン・ボーカルに据えて再スタートを切りました。
結果、またしても伝説が生まれたわけです(久々登場、このフレーズ…)。
それまでのパープルのハードでクラシカルな音楽性に、グレンのファンク寄りの音楽性と、一度は加入を打診した、というポール・ロジャースばりのカヴァーデイルのソウルフルでブルージーな歌唱&楽曲のコンポーズ能力。
これが絶妙なテンションとバランスを生み出した、ともいえるのが動画曲の「紫の炎」。
リッチーお得意のリフと3連のフレーズはこの曲をもって難易度を極めた感じですし、バッハのコード進行を流用した、コード進行にのって行くジョン・ロードのハモンド。
ボーカルが入ってからも炸裂するイアン・ペイスの高速ドラムロール
粘るカヴァーデイルのボーカル、相反して、ハイトーンパートでシャウトするグレンのツイン・ボーカル、うねるベースライン!
燃えますねぇ。 一度バンドで演奏しましたが、燃えました!でも難しかった…(爆)。
私が個人的に好きなのは、バラード・ナンバー、「ミステリーテッド」
この曲の重さと深さはなんとも言えません。 実際本人達もお気に入りのようで、一時解散後もリッチー、カヴァーデイル、グレン(!)までもが、セルフ・カバーしたりしてましたね。
本当はこっちの動画で行きたかったのですが、74年のカリフォルニアジャムの映像しかない…。っていうか、第3期の動画ってほとんどこの「カリジャム」のものしか無いんですな。
リッチーがテレビカメラにギターを突き刺したり、アンプを投げ落としたり(笑)演奏共々キレにキレまくっている「カリジャム」はもちろん、最高なのですが、そんなポピュラーな動画を持ってきてもしょうがない(爆)。
ということで、イギリス、ハマースミス・オデオンのライブから引っ張ってまいりました。
正直言って音も演奏いまひとつなんですが(笑)、あえて行っちゃいます。
特にこの音はいわゆるライン録りってやつで、ミキシング・コンソールからダイレクトに録った音。
結果、ノー・エコーなので、アラとか目立ちまくりなんですけど、私あたりは妙に親近感を感じてしまう…(笑)。
もうカヴァーデイルやグレンがすぐ耳元で歌ってる生々しさですから!
でも逆にライン録りでもこのクオリティーなんですから、やっぱり凄い人達なんですね、これ(爆)。
さあそれでは行ってみましょう、ロックンロール!
ここじゃ言ってないけど(爆)!



「Burn」(1974)


↓という訳で今回は第3期のアルバムを紙ジャケでドドンとご紹介。「紫の炎」は名盤なり。



|

« Nils Lofgren | トップページ | Cheap Trick »

コメント

この頃のリッチーは神業とまで言われてたようですね。「紫の炎」ではカヴァーディルのスタイルとリッチーの志向性にズレがあったように感じられます。「嵐の使者」では結構改善されたように思うのですが今度はリッチーが・・・なかなかバンドとは一筋縄ではいかないようで・・・。個人的にはリッチーのギターはそんなに活躍してないんですけど「嵐の使者」も好きですね?

リッチーの希望通りポール・ロジャースが入ってたらどんなバンドになってたんでしょうね?

投稿: g | 2009年1月21日 (水) 01時31分

>G さん
いつもコメントありがとうございます!

「嵐の使者」はいいアルバムだと思います。
ポール・ロジャースが入っていたら、きっと凄い作品が出来たでしょうが、多分アルバム一枚で終わったのでは…なんて想像してしまいます(爆)。
っていうか、リッチーという人は自分が譲歩して、だれかと作品を作る、という事が出来ない人なんでしょう。
いや、それがあっての現在のカリスマ性があるんですけどね。
今からでも遅くないから、一緒にアルバム作らないですかねぇ。
でも、クイーンに参加しているポール・ロジャースを見てみると… やっぱり無いな(笑)。

投稿: ふみにゃん | 2009年1月21日 (水) 03時27分

そういえば・・・
リッチーさんフォロワー(じゃないのかな?)の
Stuart Smithさん(なぜかStwartじゃないですね)は
どうしているんでしょうか???

なんで売れないのかな?って思うくらい好きだったんですけど。。。
(とはいっても、アルバム1枚しか出していないんで、それしか
しりませんが・・・)

投稿: junnir | 2011年7月15日 (金) 03時16分

>junnir さん

スチュアート・スミス!(イーグルスの後任ギタリストと紛らわしい…)
どうしてるかなーと思って調べてみたら、なんと再結成スイートのメンバーになってましたよ!
改めてチェックしてみなければ、と思いました。

投稿: ふみにゃん | 2011年8月21日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/11104831

この記事へのトラックバック一覧です: Deep Purple (3期):

« Nils Lofgren | トップページ | Cheap Trick »