« J. Geils Band | トップページ | Survivor »

2008年3月21日 (金)

Eric Clapton

エリック・クラプトンの映像は、この伝ロックでも何度か取り上げてまいりました。
クリーム、ブラインド・フェイス、デレク&ザ・ドミノス等。
今回は彼の70年代のソロ映像をご紹介したいと思います。
いまやギタリストとしてのみならず、押しも押されぬビッグ・アーティストとなったクラプトン。
ヤードバーズからブルース・ブレイカーズ、クリームへと続いた60年代に続き、70年代のクラプトンと言えば、親友であったビートルズのジョージの妻、パティ・ボイドとの激しい愛。ドラッグに溺れ、廃人寸前から友人のミュージシャンに支えられての復帰南部ロックやレゲエへの傾倒レイドバックサウンドヒットアルコール依存症
辺りが象徴的な所でしょうか。
以前も話題にしたことがありますが、私の歳の離れた従兄弟がクラプトンのマニアでありまして、私自身がクラプトンを聞き出したのもこの頃でした。
壁にはギブソンのエクスプローラーを抱えたバカでかいパネルが貼ってあり(ミュージックマン・アンプの宣伝用、ギターのテールがカットされていた「アレ」ですな。)、レコード棚から次々と引っ張り出しては聴きあさったものです。
今思えばかなりの貴重盤もあったと思うのですが、特に印象的だったのは、ドラッグ中毒からの復帰コンサートを収めた73年の「レインボウ・コンサート」でしょうか。
演奏も本調子ではなく、ボロボロなのですが、そこがまたグッとくるんですね(爆)。
その後健康的になったかのような雰囲気だったのですが、南部ロックの影響やボブ・マーリーのカバーで大ヒットとなった「アイ・ショット・ザ・シェリフ」などがで出した辺りから、歌物中心でギターソロをあまり弾かなくなってしまった時期もあったり、74年の来日時にも普段からかなり酔っていた、という話もある様子。
まあ、なかなか簡単にはまとめられない時期ではあります。
で、動画はぜひ「レインボーコンサート」あたりのものを…と思いましたが、さすがに見つからず(笑)。いろいろ物色しておりましたら、今回の「ローリング・ホテル」の映像に出くわしました。
78年のヨーロッパツアーを収めたドキュメンタリー映像とされる、「ローリング・ホテル」は数回上映されてお蔵入りになったとされているらしく、私もほとんど見たことが無かったもの(ここ最近は入手可能なようです。)。ちょっと物珍しさでチョイスして見ました。
ロード・ムービーということで、ライブシーンがふんだんにあるらしいのですが、音、演奏内容には若干荒さがあるものの、これまた当時のありのままの姿が見て取れる貴重な映像だと思います。
曲は77年の名作アルバム「スローハンド」より、定番のバラード「ワンダフル・トゥナイト」です!最近ではグーンとテンポを落として演奏されるこのナンバーこの頃はまだ比較的レコードに近い感じで演奏されていた、というのがわかりますね(でもちょっとスローかな(爆)…)。途中に挿入されている、パティの映像が泣かせます(笑)。
その他にも、このビデオにはなかなか貴重なオフショットがふんだんに収録されているようなので、ぜひフルで見てみたい!と思っているしだいです!
では70年代のクラプトン、とくとご覧あれ!



「Wonderful tonight」(1978)


↓ソロのクラプトンで私のお勧めはあえてこちら!70年のファーストソロアルバムであります!その後のクラプトンにとって非常に重要なナンバーが多数収められていると思うのですがいかがでしょう!まだ尖がった感じのギターサウンドもなかなかだと思います。デラックス・エディションでお届け!



|

« J. Geils Band | トップページ | Survivor »

コメント

はじめまして。
ブログ初心者です。
QUEENの魅力を発信したいとこの度、「QUEEN情報ステーション」というブログを立ち上げました。
貴ブログを拝見させていただき、色々、勉強させていただきました。
ありがとうございました。
よろしければ、相互リンクお願いいたします。
私のブログの左下のスクロールバー内にアップさせていただきました。

また、寄らせて頂きます。

投稿: おーちゃん | 2008年3月24日 (月) 01時34分

>おーちゃん さん

コメント&リンク、ありがとうございます!
ブログ拝見いたしましたが、なかなか興味深い切り口で素晴らしい!
ささやかながら、当方でもリンクさせていただきます。

私も以前、トリビュート・バンドに参加していた事もあるんですよ。「うまかQ」と名乗っておりました…(笑)。

http://www.za.em-net.ne.jp/~amahikas/umaka/

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ふみにゃん | 2008年3月25日 (火) 07時30分

わたしが、一番最初にきいたのは
Let it Growでした・・・
なんて地味な・・・って思った記憶があります・・・
個人的には、
461, there's one, no reasonあたりが、なぜかソロでは好きデス。
カールさんのベースと、ジャミーさん(でしたっけ?)のドラムが
ちょーど良い感じなんですよね。。。うまくいえないんですけど、
ちょーど良いんです。。。

81年から01年までの来日公演には行っていたんですけど、
01年が最後だって言ってたのに、また来たんで・・・裏切られた気分で
その後は行っていません・・・ではなくて、運悪く、日本にいなかった
だけなんですけど(笑)

ところで、ericさんが宣伝してるこの携帯電話・・・ほしかったんですけどねぇ。。。

http://www.youtube.com/watch?v=5hfSSq_3q0A

投稿: junnir | 2011年7月11日 (月) 04時41分

>junnir さん

例によって超遅コメント、ご容赦願います…
Let It Grow は私も異様に(爆)好きな曲なんです!
たしかに歌いだしはなんだ?ってぐらいこっそりですし(笑)。
そんなに毎回ライブ見てるんですね…。
本当に羨ましい!

携帯の動画見ました…。
なんですかこれ!!!
欲しい!
日本では出てないんでしょうね…。

投稿: ふみにゃん | 2011年8月20日 (土) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/11593351

この記事へのトラックバック一覧です: Eric Clapton :

« J. Geils Band | トップページ | Survivor »