« The Pirates | トップページ | Kim Carnes »

2009年7月28日 (火)

The Lovin' Spoonful

モミアゲアゲイン(意味不明)(爆)!
ラヴィン・スプーンフルの65年のデビュー・ヒット「魔法を信じるかい?」伝ロック名曲館でのご紹介です。
60年代初めにニューヨークを中心に活動していたフォーク・グループ「マグワンプス」。64年にグループを離れたキャス・エリオットとデニー・ドハーティーは後にあの「ママス&パパス」を結成するわけですが、残った2人、ボーカルのジョン・セバスチャンとギターのザル・ヤノフスキーを中心に結成されたのが、「ラヴィン・スプーンフル」なんであります。
デビュー曲の後も、翌66年には、やさしいメロディーの印象的な「うれしいあの娘」、古きアメリカを彷彿させる「デイ・ドリーム」、そしてビートの効いたフォークロックナンバー「サマー・イン・ザ・シティー」では全米1位を獲得、とヒットを連発していきます。
ビートルズやストーンズが登場、おりしもブリティッシュ・インベンション花盛りの時代ですが、彼らの場合バリバリロック、というよりもメロディーの良さやアレンジで名曲を生み出して行った、という印象がありますね!
秘密は彼らの豊富なバックボーンをもつ音楽性にあるともいえます。アメリカン・トラッドR&B、学生時代に研究していたというジャグ・バンドの要素など古き良きアメリカを彷彿させるサウンドは「グッド・タイム・ミュージック」とも呼ばれていたのであります。
またイギリスでも人気を博していたらしいですね!
今回取り上げた「魔法を信じるかい?」はもう誰しもが聞いた事があるはず!
ランディー・ヴァンウォーマーやショーン・キャシディー(!)、最近ではピーターパン2のテーマとしてのAly & AJ(アリーアンドエイジェイ)など、カバーも数多く存在。またCMで使われていた事もありましたか。とても40年以上前の曲とは思えない曲ですね!
で、動画なんですが、ボーカルのジョン・セバスチャンがかかえている楽器はオートハープと呼ばれる物。こんな感じで弾き語りしてる人を初めて見ましたよ(笑)!
このジョン・セバスチャンという人、元々はクラシック・ハーモニカ奏者らしいとのこと。他にも曲によってはギターやキーボードもこなすマルチな人なんであります。
それからイントロで印象的なカッティングを決めているギターのザル・ヤノフスキー
私はこの人の使っているギターにピーンと来ましたよ!
ちょっと変わった形のこのギター、ビザール・ギターオイニーンプンプしますね(なぜ業界語?)(爆)。
メーカーはアコースティック・ギターでお馴染みの「ギルド」。「サンダーバード」(通称シャーク)という63年から68年にかけて生産されたモデル。
なんか平行四辺形のような形で、素で見ると微妙なんですが、こうやってぶら下げるとなんともカッコいい!
でこのギターの特徴が「ビルト・イン・スタンド」という機構。ギターの裏に溝が彫ってあって、金属の板がくっついているのであります。
これを引き出すと…ほーら!写真立てのように自分で立った!
ギタースタンドいらずで王様もビックリ(笑)!ですよね。
なかなか楽しいアイディアですが、普及には至らなかったようであります(笑)。
ちなみに「デ・アルモンド」というメーカーが現在「ジェット・スター」というモデル名で再生産しているようですが、今風なアレンジになっちゃっていて、背中のつっかえ棒(笑)も付いてないようです。
さて順風満帆に見えたラヴィン・スプーンフルですが、67年にギターのヤノフスキーがメンバーのスティービー・ブーンを巻き込む(?)形でマリファナの不法所持で逮捕…。それが元で脱退。
さらにアルバム「エブリシング・プレイング」発表後、68年には中心人物のジョン・セバスチャンも脱退となり、バンドも解散してしまうのです。
ギターのヤノフスキーは音楽をやめてレストラン経営をしていたようですが、02年に故人に、ジョン・セバスチャンはソロとしての道を歩んでいくわけです。
91年にドラムのジョー・バトラ、ベースのスティービー・ブーン、後加入のギタリスト、ジェリー・イェスタが中心となって再結成していますが、さすがにオリジナルのリード・シンガーが不参加なのは厳しい気がしますね…。
それで、当初公開していたクオリティーの高い動画が削除れてしまいました…(爆)、エド・サリバン・ショーが一番見れるバージョンであることに間違いないのですが、あえて画質は落ちますが生演奏バージョンにて再度アップさせていただきます!それではどーぞ!




「Do You Believe in Magic」(1965)


↓やはりベスト盤のチョイスが妥当かと。色あせない名曲の数々…。


|

« The Pirates | トップページ | Kim Carnes »

コメント

超ビザーーーーーーーーーール!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
初めて映像見ましたっっっっっ!

そしてつきましたねっ♪ファビコン♪
皆様、ブラウザのURL左をご覧下さい。w

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月30日 (木) 21時49分

>ココロ・ナイローラー  さん

いつもコメントありがとうございます!
この年代ってなかなか面白いギターを使っているアーティスト、多いですよね!検索でも「ビザール・ギター」で当たってくる人が増えつつあります(笑)。ジョージィのバック(ブルー・フレイムス)の人もギルドのフルアコのようでしたね。結構人気だったんでしょうか!

ファビコンありがとうございました!
お気遣いいただいて感謝です。
新しいファイルに変更してみましたが、反映されてますかねー?
履歴クリアで再読み込みの必要があるのかな?

投稿: ふみにゃん | 2009年7月31日 (金) 07時11分

ファビ新ファイルで表示されてますよ〜♪

そういえば柳茶屋のvo.古木さんってギルドのSGです!

http://yanagijyaya.web.fc2.com/

僕も変わったギター使いたいです!

充分かな?w

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年7月31日 (金) 21時08分

>ココロ・ナイローラー  さん

いつもコメントありがとうございます!
ファビもバッチリです。ありがとうございます。

柳茶屋のvo.古木さん、チェックしてみたら、本当だ!ギルドのSGだ!なんて通でカッコいいチョイスなんでしょう!!
ますますキチンと音を聞いてみたくなりました!

ココロさん、クリスタル・ムーン はどうでしょう(爆)。

投稿: ふみにゃん | 2009年8月 1日 (土) 08時14分

すごい参考になりました!少しずつですが、ブログ読ませてもらっています!

今後とも是非おもしろいブログで楽しませてください。

投稿: ともかず | 2013年5月 4日 (土) 17時58分

>ともかず さん

はじめまして!コメントありがとうございました!
超多忙なため、ここしばらくは更新もままなりませんでした…。
特に古い記事については記事も結構そっけなかったりと頼りない限りですが(爆)またお暇でしたら見に来てくださいませ。
またのコメントをお待ちいたしております!!

投稿: ふみにゃん | 2013年5月 5日 (日) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/30727188

この記事へのトラックバック一覧です: The Lovin' Spoonful:

« The Pirates | トップページ | Kim Carnes »