« Kim Carnes | トップページ | Manfred Mann »

2009年8月23日 (日)

Silverhead

Q : シルバーヘッドのマイケル・デ・パレスは侯爵だって本当ですか?
A : お答えします。本当です。(爆)

侯爵なのが音楽性に影響があるとは思えませんが(笑)、当時のグラムロックのボーカルのプロフィールとしてはなかなかにセンセーショナルだったと言えます。
72年にアルバム「恐るべきシルバーヘッド」でデビューのイギリスのバンド、「シルバーヘッド」
70年代初頭のブームに乗っかってグラムロックのカテゴリーに分類される事が多かったようですね。確かにブギー基調の曲調やブラスセクション、ボーカルのデ・パレスを初めとしたメンバーの艶やかなファッションセンスなどは明らかに「ぽい」 感じと言えます。
デビュー時演奏テクニックこそ今ひとつとの評価があるものの、スローもこなす楽曲センスやストレートなハード・ロックンロール。デ・パレスのR&Bテイスト溢れる抜群な歌唱は、ディープバープルのパープル・レコードからリリースされるだけのことがあったと言えますね!
73年のセカンドアルバム「凶暴の美学」発表時にはギタリストが ロビー・ブラントに交代。なかなかのスライドソロとともにクオリティーも上がり、ハードロックアルバムの名盤としても十分評価出来るものでした。
イギリスではナザレスのサポートとして、またアメリカ、日本とツアーに出るも、74年、ニューアルバム「ブルティフル」製作中の7月に空中分解となってしまうのであります。
グラムロックの衰退とともに、本国イギリスでも正当な評価を得ることのなかったシルバーヘッドですが、さすがは日本(笑)。ビジュアルで注目を集めたバンドの人気は根強く、2枚のライブアルバムがリリースされております。
さてそんな彼らですから動画の発見は難しいと思われたのですが、出てまいりました!!
「当て振り」ですが、ご勘弁!
当時の動くデ・パレスが見れるだけでも良し、でお願いいたします(笑)!
曲は73年のシングル曲、「ローリング・ウイズ・マイ・ベイビー」です。
いやー、雰囲気あると思いませんか?特にデ・パレスの「ぱっつんぱっつん」(笑)なシャツ姿、私は後世のデヴィッド・リー・ロスを連想してしまうのですが…いかがでしょう。
トレードマークの星マーク付きのシルク・ハットも効果的に登場してますね!
まあこのシルクハットがグラムロックの象徴、みたいな所もあるんですが。
さてその後ですが、マイケル・デ・パレスは77年に元イエスのキーボードだったトニー・ケイ、元ステッペン・ウルフのギタリストだったマイケル・モナークらと「ディテクティブ」を結成。
レッド・ツェッペリンのスワン・レコードからジミー・ペイジのプロデュースの元、アルバムを発表しますが、結果2枚で解散。
さらに元セックス・ピストルズのスティーブ・ジョーンズとのバンド結成もありましたが、しばらく音沙汰が無いと思っていたら、85年のライブ・エイドにあの「パワー・ステーション」にロバート・パーマーに代わってボーカルとして登場
私は当時結構「ハマリ」と思ったのですが、長続きせず。
またこの人、俳優として映画に出たりもしてました。
近年の姿も見ましたが、いい感じに歳とってましたね。短い白髪ながら、相変わらず妖艶な感じで12人編成のバンドを従えてソウルナンバーを熱唱しておりました。
そう、蛇足ながら、デ・パレスは「伝説のグルービー」ことパメラ嬢とかなり長く結婚していたのですよ。選ばれし男(爆)!
さてさてそれでは伝説の映像、お楽しみ下さい!!




「Rolling With My Baby」(1974)



↓ジャケットとしては「恐るべきシルバーヘッド」が有名ですが、ここはより完成度の上がったセカンドでいって見ましょう!

|

« Kim Carnes | トップページ | Manfred Mann »

コメント

まさに恐るべきシルバーヘッド!w
いいですねぇ〜
スティーブジョーンズとも絡んでたなんて、さすが侯爵!(謎)
Rolling With My Babyと聞いて、何故かRoll with itを思い出しました。
OasisではなくSteve Winwoodの。w

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年8月24日 (月) 22時46分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!
なにが「恐るべし」なのかは置いておきまして…(笑)。

スティーブ・ジョーンズとのバンド、チェッカード・パストですが、82年から85年の活動で、84年にアルバムが一枚出ております(未聴ですが…)。
シルバーヘッド~ブロンディのナイジェル・ハリソンと、同じくブロンディのクレム・バーク、初期ユートピア&イギーバンドのトニー・セイルズと豪華メンバーだったらしいのですが、あまり話題にはならなかったようですね。
そういえば確かにロール、ウイズ何々という曲は多いですよね!
ではでは。

投稿: ふみにゃん | 2009年8月25日 (火) 07時57分

速報 SILVERHEAD来日決定!!!! APR 20 ( FRI ) 21 ( SAT ) 東京 SHIMOKITAZAWA GARDEN 詳細は、近日中に http://www.facebook.com/theoriginalSilverhead

投稿: | 2011年11月 3日 (木) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/31070255

この記事へのトラックバック一覧です: Silverhead:

« Kim Carnes | トップページ | Manfred Mann »