« doors,The (Revised Edition) | トップページ | Talas (Billy Sheehan) »

2009年11月 7日 (土)

Eddie Cochran

なにをコクラン、エディ・コクラン
というわけで(爆)久しぶりのレジェンドの登場はエディ・コクランであります!
現在のロック・シーンにおいて、エディ・コクランは彼の名前そのものよりも、その楽曲のスタンダード化によって印象づけられている、と言っても過言ではありません。
「ザ・フー」や「ブルーチアー」、日本では「子供バンド」など数々のカバーで知られる「サマータイム・ブルース」、ストーンズやストレイ・キャッツのカバーが有名な「トゥエンティ・フライト・ロック」、ハンブル・パイやUFOのカバーもある「カモン・エヴリバディ」などなど、枚挙にいとまがありません。
これらの曲を耳にすれば、「おー!聞いた事ある!」という人がほとんどだと思います!
ミネソタ州の片田舎出身のエディ。
55年にハンク・コクランとコクラン・ブラザースを決定。ブラザースといいながら苗字が同じだけだったらしいので、「堂本兄弟」的な感じですね(笑)。
カントリー・ヒルビリーだったのですが、ほどなく、エルビス・プレスリーのステージに衝撃を受けてロカビリーに転向。
ハンクと袂を別ったエディは「スキニー・ジム」という曲で弱小レーベルよりソロデビュー。
さらに56年の映画、「女はそれを我慢できない」に出演して自作曲「トゥエンティ・フライト・ロック」を披露したところ、大好評。
この時期ロックスターが映画に出演してヒットにつながった例は多かったようです。
その後エディは57年にジョン・D・ルーダーミルクのペンになる曲「シッティン・イン・ザ・バルコニー」が大ヒットして当時のスターの仲間入りを果たすわけです。
さらに58年にリリースされた「サマータイム・ブルース」がビルボード8位のヒットとなり、順調な活動を続けるなか、悲劇への序章が始まります。
当初エディも参加する予定だった59年のツアーで、親交のあった、やはりロックンロールレジェンドでもあるバディー・ホリー、リッチー・バレンス、ビッグ・ボッパーらが乗った飛行機が墜落
ショックを受けたエディは一時活動を中断。
スタジオ・ワークに専念しよう、と考えていた矢先、60年にイギリスでもう一度だけツアーの話が持ち上がります。
「ビー・バップ・ア・ルーラ」のヒット曲でお馴染み、ジーン・ヴィンセントらとともに出たツアーは大好評
目撃したビートルズのメンバーやザ・フー、キンクスのメンバーにも多大な影響を与えた、と言われています。
しかし、ツアー途中でアメリカにに一時帰国しようとした4月16日、空港に向かうタクシーが街路樹に激突。
同乗のジーン・ヴィンセントとエディの婚約者でもあったソングライターのシャロン・シーリーは助かったものの、エディ・コクランは翌日帰らぬ人となってしまいました
母親に「もうすぐ帰れる」と電話した後の悲劇。
バディー・ホリーらの事故に際し、「スリー・スターズ」という追悼の曲まで録音していたエディ(発表は死後)。
わずか21才!彼も志半ばで同じ道をたどってしまった、という事になります。
なんという運命だったのでしょうか!
実質的な活動期間はたったの3年。しかし彼の革新的な楽曲と功績はしっかりと受け継がれています。
まずその楽曲。いわゆる当時のロカビリーの中にあって、印象的なギターリフを中心とした曲作り。彼自身がギタリスト兼、ソングライター、ボーカリストとしてのはしりであった事もあり、そのギターのうまさにも定評がありましたね!
特筆すべきはそのビート感ですかねぇ。この頃にあって実に直線的なエイトビートなんです。
若干のスイングチックな「ハネ」もあるのですが、当時を考えたら凄いことですよこれは。バックバンドがエレキベース使用、というのも大きいかもしれません。
現在でも健在だったらどんな風になっていたのでしょうか!!
さて動画は迷いました(笑)。
「サマータイム・ブルース」は私もかなり耳タコな(笑)コピーをやったクチなので捨てがたかったのですが、今回は「カモン・エヴリバディ」の映像をチョイス!
このビート感をお聞き下さい!とても今風(笑)ですよね!
イギリスのビート系のバンドがこぞって取り上げ、エディ自身も「ヒフティーズ・パンクロッカー」とか言われたのもうなずける気がします。
59年、ロサンゼルスのTV番組「タウンホール・パーティー」からの映像、トレードマークの55年のグレッチ6120のサウンドにも注目!
では伝説の映像をどーぞ!



「C'mon Everybody」(1959)


↓彼が亡くなった時ヒットしていた曲が「スリー・ステップス・トゥ・ヘヴン(天国への3つの階段)」。なんともいたたまれません。ヒット曲満載のベスト盤で。24ビットリマスターですよ!

|

« doors,The (Revised Edition) | トップページ | Talas (Billy Sheehan) »

コメント

♪知らねえうちに漏れていた♪
♪あきれたもんだなサマータイムブルース♪
僕にとってエディコクランのカヴァーと言ったらコレです!!!w

投稿: ココロ・ナイローラー | 2009年11月 8日 (日) 18時24分

>ココロ・ナイローラー さん

いつもコメントありがとうございます!

RCの「カバーズ」!!
最高のアルバムですよね!
私も当時飛びついたのを記憶しております。
特に歌詞が最高(笑)。

投稿: ふみにゃん | 2009年11月 9日 (月) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/32111613

この記事へのトラックバック一覧です: Eddie Cochran:

« doors,The (Revised Edition) | トップページ | Talas (Billy Sheehan) »