« Russ Ballard | トップページ | Frank Zappa »

2010年10月17日 (日)

Nick Gilder

絶対女だと思ってました(爆)。ニック・ギルダー
「伝ロック名曲館」は78年、ニック・ギルダーの「ホット・ チャイルド」のご紹介です。
78年の全米チャートで1週だけNo1となった曲ですが、初登場から1位獲得まで20週 かかったという当時の記録であります。
当伝ロックの名曲館と言えば「一発屋の扱いでしょ?」とか思っている 方!
なんてこと言うんですか!!
全くその通りです(爆)。
とか言ったらはなはだ失礼ですが…。
時期としては もうディスコ・ヒットやニュー・ウェイブの影がちらつく頃ですが、ニックの「ホット・チャイルド」はグラム ・ロックの味わい満点のミドル・ポップ・ロック・ナンバー
ニック・ギルダーはイギリスの出身ですが、11歳 でカナダへ移住。その後も行動を共にする盟友、ギタリストのジミー・マックローと共に75年に結成したのが「 スウィーニー・トッド」というグラム・ロックバンド。
ギルダーの細~い中性的な声が印象的なシングル曲「ロ キシー・ローラー」をカナダのチャートで1位に送り込むなど注目されますが、ギターのジミーと共に脱退。
77 年にソロデビューとなります。ちなみにニックの後釜として「スウィーニー・トッド」にボーカルとして参加し たのが、当時若干15歳だったブライアン・アダムスだそうで。
カナダやなぁ…(意味不明)。
でニックの運命を 決定したのがプロデューサーの鬼才、マイク・チャップマンとの出会い。
シングルリリース曲での迷いはあった ようですが、アルバム「未来派紳士」(笑)から切ったこの曲が見事ヒットした、というわけであります。
で、 動画!
どうですか!この声、このルックス、このパフォーマンス!
なんか妙に薄い(失礼!)ロングヘアーのブ ロンドといい、実にキッチュな印象!
私なんぞは若き日のトム・ぺティを思い出してしまいますが。
さて私的に ツボなのが脇を固めるギタリストのジミー(ジェームス)・マックロー(マカロック?)
名前が似てますが、 亡くなってしまった元ウイングスのギタリスト、ジミー・マカロックとは別人
左利きでありまして、後に見ら れる動画では右用のレスポールをブリブリ弾いてて実にカッコよろし! 
で、その後のニックですが、大ヒット こそ出なかったものの、80年代中盤までは地道にアルバムをリリースして活動していたようです。
またなにより 評価されるのが、彼のコンポーザーとしての手腕
ニックの作になる「スウィーニー・トッド」時代の「ロキシ ー・ローラー」はスージー・クアトロがカバー。
パティ・スマイス&スキャンダルの「ウォーリアー」をはじめ 、パット・べネターベット・ミドラージョー・コッカーらにもご機嫌な楽曲を提供しているのであります。
さらに現在はなんと「スウィーニー・トッド」名義で活動中!もう隣にジムの姿はありませんが、胴身こそ太く なったものの(爆)、ロングのブロンド、いまだにトレードマークの「はだけシャツに首輪ネクタイ」(笑)で 元気なところを見せているようです!
それでは若き日のニックの映像、お楽しみ下さい!



「Hot Child In The City」(1978)


↓名曲揃いにつき、ベスト盤のチョイス…とおもいましたが、画像付きがない!ってことで、セカンドとサード のお得なカップリングCDをおすすめしましょう!

 


|

« Russ Ballard | トップページ | Frank Zappa »

コメント

おお!!!!

全く知らん!!!www

でも、いい感じですね〜♪

ちょっとカヴァーしたくなる、ミドルポップロックですねぇ。w

投稿: ココロ | 2010年10月18日 (月) 22時11分

>ココロ さん

いつもコメントありがとうございます!
ね!なかなかでしょ?
カヴァーしたくなる、と思っていただけるのはなによりですね!
またのコメントをお待ちいたしております!

投稿: ふみにゃん | 2010年10月19日 (火) 06時58分

Good day!This was a really fabulous post!
I come from roma, I was fortunate to discover your subject in yahoo
Also I learn much in your theme really thanks very much i will come later

投稿: bet365 | 2010年10月19日 (火) 16時00分

To BET365

Thank you for comment from a distant country.
Sorry, my web page is currently only in Japanese.
But I think this.
Border would not enjoy the Rock and Roll.
We will take a great classic rock artists in the future.
Please, please come to see also.
See you soon.

投稿: ふみにゃん | 2010年10月20日 (水) 00時14分

Useful blog website, keep me personally through searching it, I am seriously interested to find out another recommendation of it.

投稿: physiotherapist | 2010年11月13日 (土) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/37273763

この記事へのトラックバック一覧です: Nick Gilder:

« Russ Ballard | トップページ | Frank Zappa »