« Frank Zappa | トップページ | John Cougar Mellencamp »

2011年3月 6日 (日)

The Rascals

まっくろくろすけ(笑)!ラスカルズのご紹介です!
64年ニューヨークで結成されたラスカルズは66年デビュー。
同名のバンドがいたため、68年までは「ヤング・ラスカルズ」と名乗っていました。
黒人のR&Bやソウルミュージックのスタイルを白人が演奏する、という「ブルー・アイド・ソウル」を代表するバンドのひとつと言えます。
R&Bの名門アトランティックと契約、デビュー早々66年のシングル「グッド・ラヴィン」はオリンピックスのカバーでしたが全米1位の大ヒットを記録!
誰しも耳にしたことがあるはずです。
デビューアルバム「ヤング・ラスカルズ」こそカバー中心でしたが、67年サードアルバム「グルーヴィン」はオリジナルの名曲揃い。 名盤としての誉れ高くその地位を不動の物にした、と言えます。
私世代では、彼らをリスペクトする山下達郎氏が表題曲をカバーしていることでも耳馴染みがありましたね!
メンバーはオルガン、ボーカルのフェリックス・キャヴァリエ、リード・ボーカルのエディ・ブリガッティ、ドラムのディノ・ダネリ、とここまで3人がイタリア系アメリカ人。
そしてフランス系カナダ人のギター、ジーン・コーニッシュという4人。
ベースシストがいない、という点でドアーズと同じ構成ですが、ドアーズのキーボード、レイ・マンザレクが左手でローズ・ピアノ・ベースを演奏していたのに対し、フェリックスは両手プラス、ハモンドの足ペダルでベースラインを奏でているのが特徴と言えます。
さて、動画は名前を当初の「ラスカルズ」名義に戻してからの68年のNo1ヒット曲、「自由への賛歌」をチョイスいたしました!
キング牧師やケネディーの暗殺に触発されたといわれるこのナンバー、疾走感の溢れる力強い1曲になっております。
特筆すべきはやはりこの4人の素晴らしい演奏力でしょうか。
TVスタジオでのライブながら、この頃主流の(?)当て振りではなく(爆)、しっかりと演奏されています。
フェリックスの素晴らしいボーカルペダルとは思えないベースランニング
エディのコーラス。ダイナミックなジーンのギター。
そして私が一番感じるのはディノの抜群なドラミングです。
このビートを聞いて体が動かなかったらウソでしょう(笑)。
他の動画を見ても、本当に演奏のうまさとパフォーマンスが光るバンドだと言えます。
この動画には登場しませんが、リード・ボーカルのエディが両手にタンバリンを持って華麗に叩く姿などは、最高。
思わず「よっ!社長!」と言いたくなるのは宴会芸を連想してしまう私だけでしょうか(爆)?
若き日のハンサムなフェリックスも捨てがたかったなぁ…。
まあ、その辺はまたの機会という事に。
この時期の髭面を見ておわかりの通り(?)、時代の流れからか、ラスカルズはそのソウルフルな持ち味にサイケ、ソフト・ロック、ブラス・ロックなどの要素を取り入れ始めます。
勢力的にアルバムを出す一方で、70年にエディが脱退、さらに71年にジーンが脱退し、その後メンバーを加えるも72年のアルバム「ジ・アイランド・オブ・リアル」をもって解散となりました。
その後フェリックスはソロとして活動、リンゴのオールスターズにも参加してましたね。
ドラムのディノはスプリングスティーン・バンドのギタリスト、スティーブ・ヴァン・ザンドのソロバンドで名前を見たことがあります。
その縁からか97年にラスカルズがロック殿堂入りした時のプレゼンターをヴァン・ザンドが務めたらしいです。
またその時にオリジナルメンバーでの演奏があったようですが、現在パーマネントな再結成話は聞こえてこないようです。 そこもまた清いですな(爆)。
それでは68年、強力な演奏をどーぞ!



 「People Got To Be Free 」(1968)





↓動画曲の収録はありませんが、やはりここはこの名盤をチョイスしておきます。一家に一枚。

|

« Frank Zappa | トップページ | John Cougar Mellencamp »

コメント

よっ!社長!w

観客までもがタンバリン持ってるじゃないすか☆w

本当にロイクーですね!!!

こういうのはやろうと思っても出来ないので憧れます♪

投稿: ココロ | 2011年3月 7日 (月) 00時18分

>ココロさん

いつもコメントありがとうございます!
いやあ、こういうテイストは日本人で出せる人ってほとんどいないのでは?とか思っちゃいます。
しかし彼らとて白人なわけで…。
実は人知れず相当研究していたのでは。と思わされます。
フェス出演の条件に黒人のグループが参加している事を挙げていたとのこと。さすがです。

タンバリンは各席に配ったのじゃないですか?
よくそういう作戦、ありますからね。
メガネを配ったりとか…(爆)。

投稿: ふみにゃん | 2011年3月 7日 (月) 03時15分

う~~~ん・・・

まさにこういうドラムを叩いてみたいんですが・・・

一生かかってもできないかな(笑)

でも、目標にするのはタダですからね。

投稿: ロニー | 2011年3月 7日 (月) 21時13分

>ロニー さん

いつもコメントありがとうございます!
一生かかっても、なんて、ロニーさんならいけると思いますよww。
なんていうかこういうノリって、「心持ち」みたいな所がかなりのウエイトを占めているような気がするんですよね。

言葉で書くと難しくなっちゃいますね…。

まあひとことで言えば「ハッタリ」ってことですかね…(笑)。
失礼しましたぁ(爆)。


投稿: ふみにゃん | 2011年3月 7日 (月) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/39127800

この記事へのトラックバック一覧です: The Rascals:

« Frank Zappa | トップページ | John Cougar Mellencamp »