« John Cougar Mellencamp | トップページ | The Sweet »

2011年8月20日 (土)

Rubicon

久々登場、「あの人は今」!じゃなかった、「あの時僕は」のコーナー、「こんなバンドにおりました編」
ルビコンのご紹介です。
当時我々ロックファンには定番だったライブアルバム「カリフォルニアジャム 2 」
77年に行われ、78年にリリースされたこのロック・フェスのライブ盤の中にサンタナやエアロスミス、テッド・ニージェントと並んで収められていたのがルビコンでありました。
その頃あまり名前を聞いた事もなかったのですが、ブラスセクションバリバリのどファンクロックでやたら熱い演奏、そして歓声
サンタナやエアロを向こうに回してトリを取ったというのも納得だったのでした。
しばらくその存在を忘れていたのですが、意外なところでそのメンバーの名前を目にする事になります。
ギターのブラッド・ギルス、ベースのジャック・ブレイズ
そう後にアメリカンハードロック界を席巻するナイトレンジャーの二人が在籍していたのであります!
まずバンドのあらましについて触れておきましょう。
ルビコンは77年にサンフランシスコ、ベイエリアにてサックス奏者のジェリー・マルティニが中心となって結成。
この人スライ&ザ・ファミリー・ストーンにいた人で、まさに直系のゴリファンクなんですね。
ここに元コールド・ブラッドのトランペッター、マックス・ハスケットらが加わって展開されるサウンド、当然のごついファンクさは勿論のこと、ブラスロックと言っても良い強力なホーンセクションが特徴。
さらにデビューシングルとなった「炎の誘惑」のようなバラードやソウルフルな味付けもお手の物。
77年のファーストアルバム、「シスコの熱風」は大変評価が高く、カリフォルニアジャムでの大抜擢もうなずけるというものです。
そしてそして、このバンドで最大の核とも言えるのがジャックのベースだと言えます。
後のナイトレンジャーでは歌いながらシンプルなラインを弾くイメージがありますが、ルビコンではその音楽性にふさわしく、ほぼ全編スラップ、チョッパー奏法!!
ラリー・グラハムと見紛うがごとき、バカテク・パッシブサウンド
この人こんな演奏出来たんだぁと驚くこと受け合い
一方のブラッド・ギルス(この頃はブラッドリー・ギリスと言ってた)も後のアーミングによるトリッキー・プレイこそないものの、ファンクなバッキングに粘りのある速弾きを披露していてその片鱗をうかがい知れます。
当然動画を見たいと思って一時相当探したのですが、カリフォルニアジャム2での他のアーティストの映像はあるのに、なぜかルビコンのみ見つからず、ただ凄い演奏だったという噂ばかりが先行…。
あきらめていたら遂に動画発見!ここにお届け致します!!
曲はライブアルバムには未収録ながら、1'stからの「ザッツ・ザ・ウェイ・シングス・アー」
途中飛んじゃってますが(爆)、どーですか!
ホーンセクションのジェリー、マックス、デニスの3人がズラッと並んで歌い踊る姿
唸るジミーオルガン
そしてなにより、テロテロ素材のパンタロン・ベスト(笑)にデカサングラスで完璧ファンキー兄ちゃんのジャックが、べしべしチョッパー決めてる!!
一瞬ギャグかと思うほど別人(笑)
ブラッドもレスポールでファンキーに決めてるし。これは貴重であります。
さてその後のルビコン、翌79年に2nd 「夢のアメリカ」をリリース。
サウンドはブラッドのギターがよりメタリックになり、ロック寄りになった印象ではありましたが、ゴリゴリファンクとソウルフルなバラードも健在でした。
その後バンドは解散。
ドラムのグレッグ・エクラーに変わって後期ルビコンにツアーメンバーとして参加したケリー・ケイギーを誘ってジャックとブラッドが結成したのがナイトレンジャーの前身、「ステレオ」というバンドだった…。
あとのストーリーはご存知の通り。
リーダーのジェリーはその後もファミリー・ストーンのメンバーらと共演したりと活躍。
デニスも健在の様子。
ただ私の敬愛するトッド・ラングレンの91年のホールライブ一発録りアルバム「セカンド・ウインド」にも参加していたマックスは故人になっているという情報です。
それでは若き日のブラッド&ジャックの勇姿、ご覧下さい!



「That's The Way Things Are」(1978)


↓硬質になったセカンドよりは1stがおすすめか。またこんなチョッパーベース、弾いてくれないかなぁ…


|

« John Cougar Mellencamp | トップページ | The Sweet »

コメント

ナイトレンジャーのナの字もないじゃないですか!w

こんなの演ってたとは。。。。

いやぁやられた感がまたこの伝ロクで!

投稿: ココロ | 2011年9月 3日 (土) 10時45分

>ココロ さん

いつもコメントありがとうございます。
全く別人すぎて笑っちゃいますよねw。
能ある鷹は爪を隠す…。恐れ入りますなぁ。
またのコメントをお待ちいたしております。

投稿: ふみにゃん | 2011年9月 4日 (日) 16時36分

Fantastic wordpress website right here.. It is tough to discover top quality producing like yours nowadays. I truly recognize individuals like you! get treatment

投稿: diablo 3 gameplay | 2011年9月10日 (土) 21時13分

I really like your weblog.. extremely good shades & theme. Did you create this internet site yourself? Plz reply back again as I’m looking to create my own weblog and would like to know wheere u obtained this from. many thanks

投稿: Jenniffer Barill | 2011年9月12日 (月) 23時58分

サックスってカッコイイですね!
知り合いでサックスやってる人がいますが、
カッコ良さのレベルが違うw

それにしても、海外からもこちらのサイトは
絶賛されてますね。
本当にすごいことですね。

投稿: ロニー | 2011年10月 8日 (土) 10時32分

>ロニー さん

いつもコメントありがとうございます!
確かにサックスカッコいいですよね!
あまり合わないかな…と思うジャンルでもセンス次第でグンとグレード上げますからね!

なんか英語のコメント入ってるなぁ、と思いってましたが、これ、誉めてくれてるんですね?(爆)。

わからなくってコメント返せない…。
英語版でも作る余裕があればねぇ。
またのコメントお待ちいたしております。


投稿: ふみにゃん | 2011年10月 9日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/41293033

この記事へのトラックバック一覧です: Rubicon:

« John Cougar Mellencamp | トップページ | The Sweet »