« Rubicon | トップページ | Brinsley Schwarz »

2012年1月 4日 (水)

The Sweet

ウィー・ウォン・スィー! ウィー・ウォン・スィー! 
あ、いや中国語ではありません(爆)。英語で言ったら「We Want Sweet!」
ライブの開演前に観客が熱狂して連呼する掛け声。
イギリスのハードロックバンド、スイートのご紹介です!
デビューは68年ですが、芽が出たのはRCAに移籍した71年でありました。
マイク・チャップマンとニッキー・チンのペンによるキャッチーなナンバー「ファニー・ファニー」がスマッシュヒット。続けてリリースした「コ・コ」が全英で2位と順調にヒットを出し、一躍スターダムに躍り出ます。
この初期スイート外部作家の楽曲という事もあったのか、妙にポップスよりなアレンジでティンパレスやスティールドラムが入ったりと、おおよそその後のハードロックイメージとは無縁な感じ
ただその衣装はキラキララメの派手派手!でメイクもあり、のまさしくグラムロックテイストだったため、グラムロック・バンドとしての認識される事となった訳であります。
しかし元々ボーカルのブライアン・コノリーとドラムのミック・タッカーはデビュー前のバンド「ウェインライツ・ジェントルメン」でディープ・パープルのイアン・ギランとロジャー・グローバーと組んでいた経験もある生粋のハード・ロッカー。
自作曲を並べた74年のセカンドアルバム「スイート・ファニー・アダムス」からハードロック色が強まり、75年「荒廃の街角」がリリースされる頃には「ロックン・ロールに恋狂い」「アクション」「フォックス・オン・ザ・ラン」など、ほぼ代表的なナンバーが出揃って来ます。
そのサウンドとルックスから、ここ日本でも当時大変人気があったのもうなずけますね。
また、デフ・レパードサクソン、ライブではダムドオフスプリングまで!数々のアーティストがフェイバリットとしてスイートのナンバーをカバーしている点でもその影響力の大きさがうかがい知れます。
私個人的にはブライアンのガナリ系(爆)のボーカルが得意でなく、当時あまりなびかなかったのですが…(爆)。
またハードロックベースのサウンドにハイ・トーンの分厚いコーラスが重なるという点でクイーンと比較されたりもしたようです。
しかしその後も音楽的にチャレンジを繰り返したクイーンに比べてスイートは70年代終盤に失速…
79年にはボーカルのブライアンが脱退。ギターのアンディ・スコット、ベースのスティーヴ・プリースト、ドラムのミックと3人になったスイートは髪を短くしAORや産業ロック的サウンドアプローチをするも評価されず、82年に解散となってしまいました。
さて動画!人気バンドゆえ数々動画はあるのですが、ほとんどがTVショーなため、当伝ロクのポリシーでもある全盛期の生演奏がなかなか無い!
そんな中、これぞ!というやつ、発見いたしました!
曲は74年「ターン・イット・ダウン」。TVショーながらしっかり生演奏となっております。
決め手はスティーブのベースの音(笑)。
これぞリッケンバッカーというゴリゴリの音!たまりませんね。
彼の中盤でのボーカルもスイートのお約束
ライブ盤などがイマイチの評判なため、その演奏力が過小評価されがちですが、荒っぽいながらなかなかタイトなパフォーマンスだと思いませんか?
特にギターのアンディの安定感は抜群だと思います。
当て振り版(笑)の映像ではギターソロ時にマイクスタンドを擦りつけたり結構無茶苦茶な感じなんですが、この動画ではしっかりとしたフレーズで好感がもてます。
その後のスイートですが、85年のリバイバルヒットがあってブライアンがスイート名義で再結成
さらにアンディ・スコットもアンディ・スコッツ・スイートとしてミックと共に活動を再開するなどそれぞれにスイートを名乗って活動
そしてそれぞれが活動解散を繰り返していたようですが、ブライアンが97年に心臓発作で、ミックが02年に白血病にて他界。残念ですね…。
そして現在になりますとアンディ・スコッツ・スイートのほかになんとベースのスティーブがスティーブ・プリースツ・スイートとして活動開始(笑)。
しかも見た目も哀しいほど太ってる…(笑)。もうわやですね(笑)。
私個人的にはこのスティーブ版スイートがなかなか良いと思っているのです。
というのもこのバンドのギタリストがスチュアート・スミスという人!(この名前でピンときた人、大分マニアですよ)かつて見た目、プレイスタイルがリッチー・ブラックモアそのものということで話題になったリッチー・フォロワー
「ヘブン&アース」というバンドでやっていたはずですが、こんな所に!
動画も見ましたが、まんまリッチーがスイートに入っちゃったみたいで笑えます。
あ、笑っちゃいけないか(爆)。
すっかり話が脱線してしまいましたが、それでは全盛期、74年!
スイートの生演奏を!どうぞ!

 


「Turn It Back」(1974)


↓数多くのヒットナンバーを網羅するにはベスト盤がおすすめ!

|

« Rubicon | トップページ | Brinsley Schwarz »

コメント

キタッ!

もちろん大好きです♪

turn it backって僕が生まれた年のリリースだったんだ。。。。凄い!

投稿: ココロ | 2012年1月 5日 (木) 22時48分

癒される女性の特徴ランキング
437637

投稿: 癒される女性の特徴ランキング_433874 | 2012年1月13日 (金) 04時32分

ふみにゃんさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよ(^-^)/実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)ふみにゃんさんに仲良くしてもらえたら嬉しいですv(^-^)v一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールください(^O^)ココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです≧(´▽`)≦まってるねえ(=⌒▽⌒=)

投稿: まりこ | 2012年2月 9日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/43621116

この記事へのトラックバック一覧です: The Sweet:

« Rubicon | トップページ | Brinsley Schwarz »