« Atomic Rooster | トップページ | SEX PISTOLS »

2015年8月15日 (土)

Earth & Fire

息子 「やっぱりアフロだよな〜」
父 「おう、何を見てるんだ?」
息子 「アース&ファイヤーだよ! このシーズン…」
父 「おいおい、9月にはまだ早いだろう」
息子 「?」
父 「ん?セプテンバーだろ?アースウインド&ファイヤーの」
母 「あなたー、何言ってるの!オランダのロックバンド、アース&ファイヤーの事よ」
父 「え?でもアフロって」息子「ボーカルのジャーネイはデビューの時アフロだったんだよ」
父 「なんだぁそっちかあ。シーズンって曲名か!」
娘 「お父さんは本当におっちょこちょいなんだから!」
全員 「あはははは!」

久しぶりに伝ロク名物「おとぼけ家族」の訳のわからないフリが出てしましましたが今となってはついつい勘違いしてしまうのもしょうがないのでしょうか…オランダのバンド、アース&ファイヤーのご紹介です。
オランダといえばプログレのフォーカス、ヴィーナスのヒットで知られるショッキング・ブルーなど特徴的なバンドが多いのですがまさしくこのバンドもその流れと言ってよいでしょう。
ギターのクリス・ケーツ、キーボードのゲラルド・ケーツの兄弟とベースのハンス・ツィーク、ドラムのセース・カリスにボーカルのジャーネイ・カーグマンが加入してのデビューが’70年の事でありました。
タイミング的にはこちらがアースウインド&ファイヤーよりも早いでしょうか。
デビューアルバム「アース&ファイヤー」サイケ風味のロックといった印象。デビューシングルは世界発売され、本国では2位のヒット。日本でもなかなかのヒットでしたので、当時の印象をお持ちの方も多いのでは。
しかしこのバンドの真骨頂はここから。キーボードのゲラルドがメロトロン(テープを鍵盤で鳴らすあの楽器)を手にすると一気にプログレッシブロックに。
'71年のアルバム「アムステルダムの少年兵」は片面が組曲という完全無欠のプログレ。翌’73年リリースの「アトランティス」もメロトロンが大フューチャーな実に叙情的な名盤となりました。
この後メンバーチェンジを経て’75年に「来るべき世界」をリリース。
これが叙情的というよりも、どうもエレクトリック風味が増えたという印象だったのですがここからぐんぐんエレクトリックでポップな路線に傾いていきます。
アルバムではまだ長く複雑な曲調も残すものの、ダンサブルな要素が増えていき、’79年のシングル「ウイークエンド」はトロピカルなエレポップソング、いかにも80年代というメイクのジャーネイがクネクネ踊りながら歌うというある意味トホホな状況…。
しかしながらその曲が時代の流れからバンド最大のヒットになるというのも皮肉な話ですね。
バンドは一時休止をはさみながらも90年まではリリースがあったようです。
デビューのアフロから’80年代のメイクまで、ボーカルのジャーネイは同じ人?と思わず言いたくなるような変貌ぶりですが、バンドのサウンドもプログレを基盤に時代を取り入れて変化して行ったという事なのですね。
さて動画ですが、本当は最初期のジャーネイがアフロ時代をやりたかったのですが存在しているものがほぼ当て振り…苦心の末バンドとしては一番脂がのっていたと思われる、’73年アトランティスからのヒットナンバー「メイビー・トゥモロウ、メイビー・トゥナイト」をお届けいたしましょう。
特に本文でも話題になった楽器メロトロンを駆使するゲラルドにご注目!
はい、上の蓋が開いているので構造がよくわかりますね(笑)!
それではお楽しみ下さい!


「Maybe Tomorrow, Maybe Tonight」 (1973)






↓動画はサードアルバム「アトランティス」からですが、個人的にはセカンド「アムステルダムの少年兵」が押しです。プログレではありませんが、サイケロックがミニマムに展開しているファーストもおすすめです。

|

« Atomic Rooster | トップページ | SEX PISTOLS »

コメント

お久しぶりです。
シングル盤の「シーズン」、今でもちょくちょく見かけますねえ。その度に思わず購入しそうになります。だって、当時は結構好きで聴いてましたから…。
「アムステルダム〜」もですが、日本人好みのメロなんですよね!
じゃ次回、ゴールデン・イヤリングお願いします(笑)

投稿: カマニャン | 2015年8月19日 (水) 09時18分

>カマニャン さん

ごぶさたしております(笑)。
日本では当時「シーズン」はかなり売れたようですので、結構いまでも簡単にみつかりそうですよね!
話は変わりますが、ファーストのUK盤がロジャーディーンの変形穴あきジャケットでリイシュー盤で所有しているのですが、国内盤をはじめ通常盤の方もブックマッチスタイルの変形ジャケットなのです!
これが意外と見つからない…(笑)。
どこかで見かけられましたら是非確保願います(笑)。

またのコメント、お待ちいたしております。

投稿: ふみにゃん | 2015年8月27日 (木) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/61182594

この記事へのトラックバック一覧です: Earth & Fire:

« Atomic Rooster | トップページ | SEX PISTOLS »