« SEX PISTOLS | トップページ | Aldo Nova »

2016年5月 4日 (水)

Rabbitt

見切発車!(笑)
かねてより私が取り上げたいと思っていた大好きなアーティストにトレヴァー・ラビンという人がいます。
ギタリストでマルチプレイヤーでもあり、類い稀な才能を持つアーティストです。世間一般にはあのプログレッシブ・ロックの大御所バンド 「イエス」の’83年の再結成に関わり、「ロンリー・ハート」の大ヒットを生み出した張本人で認知されています。
そのトレヴァーがデビューしたバンドが今回ご紹介するラビットというバンドです。
同名のバンドがオーストラリアにも存在したようですが(綴りが違います)、こちらは南アフリカのバンドであります。
南アフリカ出身のトレヴァー、’72年結成時は「 コングロムレイション」というバンド名でジェス・ロ・タルの「ロコモティヴ・ブレス」をカバーしてスマッシュヒットしたりしていたようですが、それまでのメンバー、トレヴァー・ラビン(ギター・ボーカル・キーボード)、ロニー・ロボット(ベース)、ニール・クラウド(ドラム)に加えて’75年にキーボード、ボーカルのダンカン・フォールが参加。
ラビット名義として’75年にアルバム「青春の悪戯」をリリースします。世の中がアイドル・ロック全盛に傾く中、彼らもそのルックスと相まって本国南アフリカではベイ・シティー・ローラーズ並みの大人気となります。
この「青春の悪戯」ですが、本当に良くできたパワーポップアルバムでした。共作を含めほぼトレヴァーが曲を作りして歌っていますが、美しいコーラスとストリングアレンジ。ハードさとポップさが見事にブレンドされた名盤だと思います。
このアルバムからはシングル「いとしのチャーリー」がヒット。
続く’77年にリリースされたセカンドアルバム「裸の青春」では音楽性がさらに進化。
メンバーのヌードがあしらわれたジャケットがあれと言えばあれですが(笑)、すわクイーンかと思うナンバーからAOR的な味付け、プログレまで縦横無尽。
このアルバムではキーボードのダンカン・フォールもギター、ボーカル、曲づくりと存在感を増していきます。
しかしここでトレヴァーがバンドを脱退
一部にはアパルトヘイトを嫌ったという記述も見られますが、イギリスに渡ったトレヴァーは’78年にソロ作「誘惑の貴公子」を制作。さらにアメリカに渡ってイエスのメンバーらと接触をしていくというわけです。
一方残された3人はキーボードだったダンカン・フォールを中心に3ピースバンドとして再出発。実はトレヴァー・ラビンの陰に隠れてしまっていましたが、このダンカンも恐ろしい才人。ギター、ボーカル、ソングライティングでも素晴らしい才能を発揮しますが時すでに遅し…。
’78年にダンカンはあの(笑)「ベイ・シティー・ローラーズ」にレスリー・マッコーエンの後任として加入。バンドは解散となります。
そう、このダンカン・フォールこそがその才能でBCRを強力でアーティスティックなパワーポップバンドに生まれ変わらせた張本人なのです(笑)!
残念ながら「ザ・ローラーズ」と改名までしたのに世間からそっぽを向かれてしまった…。悲劇です。
その後のトレヴァーの活躍はご存知の通りですが、現在は映画音楽などの分野で活躍。久々のソロアルバムも高評価のようです。
一方のダンカンも地道に活動しているようです。
さて動画ですが…見切発車(爆)そう、ラビットもトレヴァーも恐ろしく動画がないんです(笑)。
もちろんお国柄という部分も否めませんが、ネットで見れるヒストリービデオには断片的なライブ映像などありますから、どこかに存在しているのだと思います。
そんな中!ヒストリー物ではアフレコにされていた楽曲の実際の音が入った動画を発見!
どこの国のテレビでしょう!音も悪く曲の途中のわずか1分半ですが、当時の彼らの勢いを感じる貴重な映像です。
その曲は「青春の悪戯」から「ハード・ライド」です。
アルバムでの唯一のダンカンのボーカル曲。当然動画でも歌っているのはダンカン。トレヴァー・ファンの皆様すみません…。
スタジオ版ではストリングスがバリバリ入るナンバーですが、シンセとドライブ感のあるギターでイキイキと演奏されています! 途中までですが…悪しからず。
早くフルの動画が公開されるのを夢見て!しばしどーぞ!!



「Hard Ride」 (1976)


 

↓個人的にお勧めは「青春の悪戯」です。思い入れたっぷり(笑)。サード・アルバムの「ロック・ラビット」は全世界的にCD化は無し…誰かー(笑)

|

« SEX PISTOLS | トップページ | Aldo Nova »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187305/65312889

この記事へのトラックバック一覧です: Rabbitt:

« SEX PISTOLS | トップページ | Aldo Nova »