2010年4月19日 (月)

Buster

遂に登場!バスター「すてきなサンデー」ですっ!
キャーッ!!と叫ぶ婦女子の皆様は現在どのくらいいらっしゃるのでしょうか…(爆)。
70年代中盤大人気を博したベイ・シティー・ローラーズをはじめとするティーン・アイドル・ポップ・バンドの流れを受けて、77年にリバプールからデビューした「バスター」。
ビートルズと同郷という境遇、その甘いルックスと平均年齢18才、という若さでもって、ポストB.C.Rとも呼ばれておりました。
もう当時は大人気!!ここ日本では。っていうか本国イギリスでは前述の「すてきなサンデー」がちょっぴり売れただけでした(BBCで46位止まり…)。
パンクやニュー・ウェイブが登場してくる時代にあって、時代遅れととられたのが原因だったのでしょう。
一方、日本での人気と言えば、特にデビューした77年は凄まじかったようです。
3月のデビュー曲「すてきなサンデー」の後、4月にデビューアルバム「すてきなサンデー」発売、5月「恋はOK!」、8月「夢みるダンス」、11月「ビューティフル・チャイルド」たて続けにシングルをヒットさせて森永チョコフレークのCMにも登場
9月発売のセカンドアルバム「夢見るバスター」に合わせて文化放送でのラジオレギュラー番組を持ち、12月には来日して郡山を皮切りに全国8箇所でのツアーを行い、公演ラスト、クリスマスには日本武道館での二回公演を成功させたのであります!
動画としてはやはり「すてきなサンデー」をお届けすべきでしょう。
当時のこの手のアイドルチックなバンドは当て振りのものがほとんどで、生演奏を見つけるのは困難なのですが、なななんと!バスターはしっかり存在しておりました。さすが日本のファンは世界一ですね!!とか言ってましたら、あえなく削除…すみません(爆)。とりあえずTVショーの動画でご勘弁であります。
ロニー・スコット&スティーブ・ウルフ のソングライター/プロデューサー・チームの名曲、どのように再現されているのか興味深いところでありましたが、ギターは二人共カッティングだけだし、楽器の演奏自体は微妙な感じ…。しかしながらその演奏を魅力的にしていると思われるのは、レス・ブライアンズタイトなドラミングとビーチボーイズばりの抜群なコーラスワークだと断言できます。
特にデビュー前に6ヶ月特訓した(?)と言われるハーモニーは実に魅力的です。
実はこの来日時の映像の中には、NHK「レッツゴーヤング」太川陽介らサンデーズとロックンロール・メドレーを歌う、なんていうレアなものも存在しておりまして、なかなかにロックした演奏も披露していた様子。残念ながら今現在こちらの動画も見れなくなってしまったようです…(爆)。
フロントを固めるギター&ボーカルの二人、スレイドのノディ・ホルダーの影響というモミアゲが特徴(笑)のピート・レイと、やはりノディーの影響でテレキャスターを抱えたロブ・フェナー。
ソングライターとしてのこのコンビによる楽曲もなかなかなんですよ!
「すてきなサンデー」でのメインボーカルはロブですが、私個人としてはロブの以外と渋い歌唱がツボだったりします。
ベースのケビン・ロバーツのリッケンバッカーのベースにも強いアイデンティティーを感じますね。
私、個人的には当時の印象はあまり無いのですが(爆)ハンドクラップ入りまくり&キメキメのティニー・ポップ・バンドも、現在はパワー・ポップの一派として分類される事が多いようです。
ちょっと力強さに欠けますが、この胸キュンもの(死語)の甘さ、あらためてハマりそうですな(笑)。
その後の彼らですがフィリピン、オーストラリアとツアーを回ってイギリスに帰国するも前述のように時代はパンク・ニューウェイブ主流に変わっており、バンド名を「ザ・ジャックス」と変更して出発するも不発。82年には正式解散となったようです。
ただバンド後期からピートを除いたメンバーにロブの弟、アランを加えて結成した「オータナディブ・レイディオ」は現在も活動中。
面白いのはバンド名の由来でありまして、当時地元マージー川に停泊した船から放送されていた海賊ラジオ局「マージーランド・オータナティブ・レイディオ」から取られたとか。
映画「パイレーツ・ロック」を地でいくような展開に思わずアツくなりますね。
それでは動画でトキメいちゃって下さいな(爆)。


「Sunday」(1977)


↓2008年、エアー・メイル・レコーデイングスから再発されたCDはこの3枚!楽曲の良さが光ります。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

Japan

ミック・カーンって実はマユが濃いって知ってました?(爆)
ジャパンについては好き嫌いがバッチリ分かれるところでしょうねぇ。そんな私も当時はあまり好みではありませんでした(失礼!)。
ただ誤解のないようにお話いたしますと、今はちょっと見方が変わっている、ということは言えます(キッパリ!)
78年にデビューしたイギリスのバンド、「ジャパン」。バンド名はとりあえず命名した、ということで深い意味はなかったらしいのですが、その名前と元祖ビジュアル系とも呼べるような化粧と色とりどりな髪(笑)で瞬く間に日本のティーンのハートを鷲づかみにします。
中心人物のボーカル、デヴィッド・シルヴィアンと実弟でドラムスのスティーヴ・ジャンセン、ベースのミック・カーン、キーボードのリチャード・バルビエリ。ここにギターのロブ・ディーンを加えたメンバー。
ただ当時もさんざん言われたのですが、結成時、ギターのロブ・ディーン以外はほとんど楽器を弾いたことがない状態からのスターだった点、ブラックミュージックとロックの融合を目指したというものの、様々なジャンルを取り入れた雑多な音楽性とともに、日本での知名度とは裏腹に、本国では全く相手にされていなかったのであります。
以前他のアーティストの項でも書きましたが、当時ハードロック少年だった私はこの格好がハードロックっぽいのに、出てくるサウンドがそうじゃない、というのにはとても抵抗がありまして(爆)(ニューヨーク・ドールズなどもそんな感じだったんですが)、とくにその後80年代にニューウェイブ系で主流となり、日本のビジュアル系の皆様にも大きな影響を与えたと思われる、デヴィッドのいわゆる「シャクリ系」の歌い方どうも好きになれなかったんです。
デヴィッド・ボウイやロキシーにいま一つのめり込まなかったのもその辺の影響があった気がします。
ただ彼らはその後日本が誇る「YMO」のメンバーとの交流やロキシーのプロデューサー、ジョン・パンターの影響もあってエレクトリック・ポップ路線に転向。79年の「クワイエットライフ」あたりから、その傾向が強まり、坂本龍一が参加した80年の「孤独な影」、82年の「錻力の太鼓」ではデビュー時から特徴的だったデヴィッド・シルヴィアンの現実逃避とも自閉的ともいえる独特な歌詞世界の完成ともあいまって、遂にイギリスでもチャートイン。ヨーロッパでも高い評価を得るにいたるわけです。
結果ギターのロブ・ディーンは脱退してしまいますが、ラストとなったワールド・ツアーではギターに一風堂の土屋昌巳を起用したりして話題になりましたね。
解散後にはデヴィッド・シルヴィアンは質の高いソロ作を発表。
特に私の見方が変わったのはキング・クリムゾンのロバート・フリップとのユニット、「シルヴィアン&フリップ」。これは凄かった。
相当に音楽的スキルが高くないとロバート・フリップとなんかやれないですよ!いや、すみませんでした(爆)。
最近でも実弟のスティーヴ・ジャンセンとともにマイペースな活動をしているようですし、ジャンセン、バルビエリ、カーンによる「JBK」カーンの変態ベース(笑)とともに鋭いサウンドを出していたようです。
さて動画!
ここまで書いておいてなんですが、やっぱり初期でしょう(爆)!
いや、この最初期の頃は改めて見ると結構感慨深いですよ(笑)。
デヴィッド本人はもう抹殺したい過去、と言っているようですが(当たり前か)、いやなかなかどうしてカッコいいじゃないですか!
ギターを下げている姿が見たくて、ファーストアルバム「果てしなき反抗」から「コミュニスト・チャイナ」をお届けします。
そう当時赤い髪でマユ無し(笑)がトレードマークだったベースのミック・カーンですが、なんか絵画の個展を開いたりして多彩なところも見せていたような。うろ覚えですが(爆)。
それでは妖しくも興味深い演奏、ご覧下さい!

 



「Communist China」(1978)



↓さあ、やっぱり作品としてはこれをお勧めするしかないですね…。「錻力の太鼓」。その他、紙ジャケでドーゾ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

Bay City Rollers (Revised Edition)

ベイ・シティー・ローラーズの登場であります。単なるアイドルバンドではないですよ!作家陣も最高、とにかく曲が良かった
今になって「実はBCR、好きだったんだよねー」などと言っている人、結構多いようです。当時はとにかく女の子達が夢中だったため、なかなか正面きって言えませんでした。
私もその一人。隠れBCR(笑)。
当「伝ロック」では、基本的に生演奏の動画をチョイスするのが信条ですが、さすがにBCRの動画で生演奏を探すのは至難の業であります。なんせこの業界で一番演奏してないっぽいバンドですから…。(再結成時はしっかり演奏していて、エリックのギターもなかなかいい音出してたようですが)
で、この記事を書いた時「いとしのジュネ」という曲を公開していたのですが、いやー、最近やたらと動画がアップされてまいりまして、凄いの発見してしまいました!
77年、日本のテレビでのスタジオライブですよっ!間違いなしの生演奏
曲は「ロックン・ロール・ラブレター」!いやぁ生きてて良かった(大袈裟)(笑)。
まあ、他の生演奏の動画もいくつか見ましたが、こうやって見るとですね、結構しっかりとした演奏してるんですよ。
確かにあまり上手い、とは言えませんが、浮き足立ってない感じ。
スリーピースの演奏で音はスカスカですが(爆)、コーラスワークが見事
特にエリックは面倒なフレーズを弾きながらもしっかり歌っとるがなっ。
それでね、やっぱりレスリーの声が良い。私的にもこの時代が一番良いかも。
しかし、この時代の映像を持ってらした方、本当に凄いですね…。
字幕スーパーの字体にも時代を感じますし、注目は最後にちょっぴり入っているコマーシャル(爆)。
坂上二郎さんのカップラーメン「弥次さん」ですよ!
実はこれが一番レアだったりして…(笑)。
それでは貴重な生演奏、ご堪能下さい!

筆者注)
(この記事は07年1月15日の記事に加筆修正を加えたものです。)

 


Rock'n Roll Love Letter」(1977)



↓日本でのデビュー盤となる「噂のベイ・シティー・ローラーズ」!「バイ・バイ・ベイビー」収録。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

Cheap Trick

チープトリックです。
今から1年ほど前に78年の武道館ライブをご紹介したのですが、しっかりガードがかかってしまったので(爆)、改めて79年、ドイツのロック・パラストでのライブ映像をお届けいたしましょう!今回の曲は私の個人的に大好きだった曲、「甘い罠」であります!
チープトリック、私的にも一生懸命バンドでコピーした覚えがありますねー。とにかく曲が良かった。
当時日本のファンから火がついたバンドは多かったですよね。クイーンやボンジョビもそう。でもルックス優先ながら非常に音楽性が高かったですよね。確かな耳を持っていた、ってことでしょう。
チープトリックはロビンとトム&リックとバン・Eの2人のイケ面&コミカルな対比がおかしかったですね。キャラが立ってるって言うんでしょうか。
リックは5ネックギターや人型(自分型?)ギターなどを駆使。ギターコレクターとしても有名ですよね(その割りにソロは少なめ…)。
それからトムの12弦(!)ベース。これは衝撃的でしたね。
サウンドも何ともいえない分厚い音でした。(トムが脱退していた時のベーシスト、ジョン・ブラントも12弦を弾かされてました) とにかくカッコよくて当時本気で買おうと思ってましたもの。売ってませんでしたが…(当たり前か)
話は変わりますが、私、トッド・ラングレンのファンなんですが、彼がプロデュースした、低迷期(笑)の83年のアルバム「ネクスト・ポジション・プリーズ」が私のフェイバリットアルバムなのであります。
いわゆるスカスカのトッドサウンドになってるのですが、これが良かった…!YouTubeでその時期の動画も見ましたが、アルバム通りの演奏で感動しました。
それでは日本に比べると拍子抜けするほど静かな客席(爆)、その分演奏がよく聞こえますよー(爆)!どーぞ!

筆者注)
(この記事は07年1月28日に書いた記事に加筆修正を加えたものです。)


「I Want You To Want Me」(1979)


↓武道館ライブは我々世代のバイブルダーっ!(伊藤セーソク風に)(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

Starz

スターズの登場だぁ!キッスの弟分として鳴り物入りで76年にデビューしたスターズ。
その特徴的なロゴマークで覚えている方も多いのでは?
プロデュースもマイク・ダグラスだったし、アルバムも素晴らしかった印象でしたが、なぜかシーンから消え去ってしまいました…。
ポップになりすぎたためか、はたまた時代の流れだったのか
…現在ほとんど話題にも上らなくなってしまったのは悲しいですね
今見ると「ちょっと…」(笑)と思われる出で立ちも、当時は典型的アメリカン・ハード・ロック・ファッションでしたし、突き抜けた明るさの楽曲、美しくハモるギター、結構好きでした。
やはりぜひ、動く姿が見たい!と思って探したのですが、動画が… 無い(笑)。
伝ロック的には生のライブ動画を見たかったのですが、なかなか無い…、先日まで「チェリー・ベイビー」のライブ合わせのプロモを公開してましたが、それも消えてしまってピンチ!と思っていたら怪我の功名(爆)!
76年のスタジオライブ映像を発見いたしましたー!ちゃんと演奏してます!!
という事で、ファーストアルバムから「フォールン・エンジェル」をお送り致します。
ちなみに、最近スターズは再活動している模様。その動画は結構沢山あるのですが、やはりかなりのルックス変化が見られるようです。ギターのリッチー・ラノーはまだ良しとしても、ボーカルのマイケル・リー・スミスに至っては同じマイケルでもマイケル・ムーア張りの体格に思わず失神しそうになっちゃいましたよ(爆)。
ともあれ、伝説のロックスター、というブログタイトルに実にふさわしい(笑)、スターズの楽曲、お楽しみ下さい!

(She's Just A) Fallen Angel 」(1976)

↓私的にはセカンド、「灼熱の砂漠」をおすすめします!求む!日本盤CD再発!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

Angel

元祖ビジュアル系!エンジェル!
75年デビュー。当時ビジュアル系という言葉は無かったと思いますが、いわゆる美形バンドってやつですね!
どうでしょう!この白装束(爆)の華麗なる姿!
聞く所によれば、東海岸の悪魔、「キッス」に対して、「西海岸の天使」として売り出したらしいです。実に安易だ、というか、当時のレコード会社というのはいろんな事を考えたもんですねぇ。
当初本国アメリカではあまりパッとしなかったようですが、当然このビジュアルですから黙ってなかったのが日本の女子ファン!大人気でしたね!
今改めて見て見ると、ボーカルのフランク·ディミノはちょっと??な気がしますが(爆)。キーボードのグレッグ·ジェフリアは男の目から見ても、掛け値無しにカッコ良かった
ただいかにルックス志向とはいえ、曲が良くなければソッポをむかれる訳で、その点エンジェルは実力もあったし、曲も良かった
キースエマーソンばりのグレッグのキーボードソロなど、プログレや、クイーンなども彷彿させる感じでした。
ただ、77年、期待されて来日するも、なぜか客がさっぱり入らず、日本での人気も下降線に…。
後になって聞けば当時のプロモーターが来日中に倒産したとか、さらに来日した時期が受験シーズンだったとか(爆)。
ここ日本では受験は大イベントですからねぇ…。
思えばナックも多分受験シーズンの来日で、武道館ガラガラだった、ってな事を聞いたことがありました。
81年に解散後、特にグレッグはバンド「ジェフリア」でシーン再登場したのは周知の通りです。
さて動画はファーストアルバム、「天使の美学」の1曲目、「タワー」です。
残念ながら、プロモーションビデオですが、グレッグの華麗なイントロダクションが映える!じっくりご覧あれ!



「The Tower」(1975)


↓現在入手可能なのは下記の2枚のみとか。特にベストはおすすめです!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

Girl

古いところが続きましたので、新しめのところ行ってみましょう!80年デビューの「ガール」です。
そこへ行くかーっ!って感じですが、どうかお許しを…(笑)。
ガールと言えばいわゆるNWOBHMってやつで、(プロレス団体じゃあないよ!ニュー・ウェイブ・オブ・ブリティッシュ・へヴィー・メタルね)彼らの場合、化粧をしたりしているものの、70年代を引きずっている感じもあって、好きでしたねぇ。
ただなにしろこの美形軍団ですから、女子がキャーキャーいってましたので、一応カテゴリーとしてはこうなりましたが(爆)、ギターのフィル・コリンはバリバリ弾いている感じもあって、男衆(笑)にもそれなりに一目置かれていた印象であります。
ご存知のようにその後彼はデフ・レパードへ加入して大ブレイク!またボーカルのフィリップ・ルイスはL.A.ガンズを結成するわけです。
動画はガールと言えばこの曲、「ハリウッド・ティーズ」!っていうか、「ハリウッド・ティーズ」以外の曲を知っている人、どのくらいいるだろうか…(爆)。一度生演奏で見たかった三連ハードロックナンバー、テレビショーの映像でお楽しみ下さい!



「Hollywood Tease」(1980)


↓デビューアルバム。入手困難なせいか高っ!でも持っておきたい…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

Queen

ついに出ました。クイーンです。
はじめて聞いたのは中学の時。親戚のお兄さん(笑)の家で、こっそりかけたレコードのサウンドに腰を抜かしました。クイーンⅡでしたが(笑)。
デビュー直後には全く評価されなかった彼らですが、我々よりも上の世代のロックファンには本当に受けが悪かった…。
私の先輩でかなり音楽的にかなり懐の広い、と思っていた人でも、クイーンの話が出た時にはNO!でしたから。しかし現在彼らがいかに才能に溢れていたミュージシャンだったかに異を唱える人はないはず。
当然コピーバンドもやりましたし、一時はクイーンのファンフォーラムの皆さんと親しくさせていただいた時期もありまして(皆元気かなぁ…)私的にもクイーンには特別な思い入れがあるのです。
さてさて動画なわけですが(笑)。クイーンに関しても、もはや出るものは出ております。そうなると、やはり伝ロック的には可能な限り古い所から持ってくると(笑)。
で!ファースト一曲目、「炎のロックンロール」!
YouTubeのコメントでアンリリースドと書いてある演奏シーンのプロモビデオを公開しておりましたが、めでたく削除されてしまいました…。
そこで今回新たに76年のライブビデオよりのご紹介です。
画質最悪ですが、初期の映像としては貴重だと思いチョイスいたしました。
ブライアンの白鷺衣装もバッチリです(笑)。
フレディの他界によって真の伝説となってしまった彼ら。
度肝を抜く彼のパフォーマンス。
暖炉の木を使って自分で作ってしまったという、ブライアンの「レッドスペシャル」(このギターの話だけで本になりそう…)。
中学の時同級生がグレコのコピーモデルを買ってもらって居て、うらやましかったなあ…。(そのわりに弾きづらかったけど) 金持ちっていいなぁ!って、その時本気で思ったもんです(笑)。
収拾がつかなくなって来ましたので(爆)、この辺にしておきましょう!それではドーゾ!


「Keep Yourself Alive」(1976)

↓我々世代にはこのライブ盤!スタジオ盤を見事にライブバージョンとして昇華させた熱い演奏!名盤です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月24日 (水)

KISS

地獄の軍団の登場だぁ!KISSです。
ロック・スターとはまさに彼らの事をいうのです!奇抜なメイクと派手な演出。
ヤングミュージックショーでオンエアーされた時の衝撃は今でも忘れません。お決まりの小道具やお約束のアクションもこちらの期待を裏切ることなく見せてくれる。最高のエンターテナーだと言えます。
ただ、それにも増して曲がイイ!定番のアメリカンハードから「べス」の様な美しい曲まで、まず良い曲あってのショウアップですから!
聞けばブレイク後のアメリカでは子供から大人まで巻き込んで社会現象にもなっていたとか(アメリカン・コミックとかフィギアとかね)。
子供に受けるキャラクター扱い、としては、現在のオジー・オズボーンなんかにも通じるようですね。
古い動画を引っ張り出してきて、黄金期を振り返る当ブログですが、さすがにこの風貌ですからねぇ…。しかしデビューイヤーの1974年、32年も前なのに、一見今と格好も演奏もほとんど変わってない、というのも恐ろしい気がしますが…。本当に化け物ですよ、この人たちは!
ただ、さすがに演奏も雰囲気も「若い!」っていう感じが出てはいるようですね。
「マイクダグラスショー」TV出演時のスタジオ内にも関わらず、サイレン、スモーク、火吹きまでしっかり披露している点はさすが!
個人的には素顔時代もけっこう好きだったりしますが、ともかく時空を超えたカッコよさ、ぜひご堪能下さい!


「Firehouse」(1974)


↓ライブでの興奮を味わうのが基本!まずは「アライブ」から。紙ジャケ仕様でいかが?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

Peter Frampton

カッコいいー!!!かっこ良すぎます、ピーター・フランプトン。
「カムズ・アライブ」さながらの姿、なかなかいい映像です!BBAに続いてここでも登場のエフェクター、「トーキング・モジュレーター」使いまくりですな。
そういえば昔、「トーキング・モジュレーター」を使いすぎるとバカになるから気をつけろ(笑)、という変な噂がながれた事ありませんでしたか?
「えーっ?せっかくヘッドフォーン壊して作りかかってたのにぃ。やめようかなぁ…」なんてね。確かに頭蓋骨にめっちゃ響いてそうですもんねぇ(笑)。
そのせいかどうかわかりませんが(笑)、最近の彼の変貌ぶりには目を覆わんばかりのものがありますなぁ…。
「ロック界脱毛番付」では東のラリーカールトンと共に堂々西の大関!といったところでしょうか。いやあ、失礼。 かくいう私も大関昇進に向けて日夜邁進中ですからーっ(爆)。

「Show Me The Way」(1976)

↓永遠の名盤。私的には見事なフランプトン流アレンジが決まった「ジャンピング~」がツボですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)